私立学校の大きな特徴の一つに、それぞれに歴史と伝統を重んじた『個性』があります。
学業や部活動、学校行事等、学校生活の至る場面で発揮される学校ごとの『個性』は、公立学校にはあまり見られない、私立学校の大きな魅力でもあります。
夢や目標の実現に向かって挑戦したい、夢や目標を見つけるために頑張りたい、更にはそんな頑張る皆さんをサポートしたい人にとっても、私立学校のそれぞれの特色を生かした環境は、心強い味方になります。
他の誰のものでもない、かけがえのない青春を過ごす自分らしい『一校』を、是非探してみてください。
  • 少人数教育、習熟度別授業、個別の相談体制など、学習指導の場に限らず、進路や日常生活の相談など様々な場面で工夫を凝らし、生徒ひとりひとりに寄り添った指導を実践しています。
  • 個性を大事にした丁寧な指導により、個人の強み、潜在的な力を最大限に引き出します。土曜授業の実施や、早朝・放課後の補修授業もその一環といえます。
  • 私立の先生には転勤がなく、自身の教育についてより深く掘り下げることができるため、在学中だけではなく、卒業後も含めた長期的な指導を受けることも可能です。
  • 中高、または高大による一貫的な教育によって、より専門的な学習が可能になり、一人一人の可能性が、一層広がります。系列の大学・専門学校への推薦による優先入学制度等も、私立学校の大きな強みです。
  • 公立には見られない、多彩な学科・コースカリキュラムを設定しているため、生徒が進路を選択する際に、選択の幅が広がります。
  • 私立学校は、学業はもちろんのこと、部活動にも力を入れています。充実した環境と優れた指導者のもと、自分自身の可能性に挑戦することは、その後の人生においても必ずや大きな財産になります。
  • これまでにも、スポーツや音楽に限らず、様々な分野において活躍する人材を輩出しており、全道大会や全国大会において優秀な成績を収める学校も数多くあります。
  • 学校によっては、公立学校にはあまり見られない部活動があることも、私立学校の魅力です。
  • 学業・部活動を問わず、生徒の力を引き出すための環境が充実しています。校舎や体育館、グランドやトレーニングルームに加え、特色ある学科やコースに対応するために、専門的な知識を学ぶための施設も多く見受けられます。
  • 自宅からの通学が難しい生徒のために、寄宿舎を設けている学校もあります。
  • 国際理解を深めるために、海外への修学旅行・体験旅行を実施している学校が多くあります。
  • 更に語学力や国際感覚を身に付けたい生徒のために、長短期の留学(ホームステイ)、語学研修などを行っている学校もあります。
  • 新たに国や道からの助成制度が創設され、以前よりも経済的な負担が軽減されています。
  • 学校によっては、学業・スポーツ・芸術などの分野で活躍した生徒に対して、免除特待生制度や奨励金制度を設けているところも多くあります。