エコカレンダー

エコカレンダー まずは参加してみよう!

2016年

西岡水源池定例探鳥会

  • 期間/2016年1月3日(日)
    時間/9:00〜12:00
    場所/西岡水源池(札幌市豊平区) ※西岡公園管理事務所 9:00集合
    地下鉄「澄川駅」から中央バス「西岡環状線」乗車、「西岡水源池」下車
    参加費/会員無料、一般300円
    申込/不要、当日直接お越しください

野鳥情報:クマゲラ、キバシリ、カケスなど
主催:日本野鳥の会札幌支部

お問い合わせ
日本野鳥の会札幌支部
TEL:011-613-7973(月・水・金《祝日の場合は休み》の10:00〜17:00)
URL:http://sapporo-wbsj.org/
※年末年始は、2015年12月29日(火)〜2016年1月5日(火)までお休みになります。

円山公園定例探鳥会

  • 期間/2016年1月10日(日)
    時間/9:00〜12:00
    場所/円山公園(札幌市中央区) ※円山公園南大通側入口 9:00集合
    地下鉄「円山公園駅」から徒歩3分
    参加費/会員無料、一般300円
    申込/不要、当日直接お越しください

野鳥情報:ウソ、ツグミ、マヒワなど
主催:日本野鳥の会札幌支部

お問い合わせ
日本野鳥の会札幌支部
TEL:011-613-7973(月・水・金《祝日の場合は休み》の10:00〜17:00)
URL:http://sapporo-wbsj.org/
※年末年始は、2015年12月29日(火)〜2016年1月5日(火)までお休みになります。

【GREENDAY特別企画】社会を変える生き方に出会う2日間

  • 期間/2016年1月10日(日)、11日(月・祝)
    時間/9:30〜19:00(予定)
    場所/市民活動プラザ星園ほか
    参加費/学生1人1,500円、社会人1人2,000円
    申込/要事前申込

<社会を変える生き方に出会う2日間>
2013年から行ってきた北海道で活躍中の若者によるフォーラムHokkaido Youth Sessions「GREENDAY」の特別企画として、2016年1月10日、11日に北海道及び全国各地から社会課題に取り組んでいる方々をゲストに、北海道の若者とともにさまざまなテーマでディスカッションを行います!(テーマは決まり次第Facebookページにて発表されます)

ゲスト(敬称略・順不同)
◇楠木重範(チャイルド・ケモ・クリニック 小児科医 院長、兵庫)
◇中崎ひとみ(社会福祉法人共生シンフォニー 常務理事、滋賀)
◇小野邦彦(株式会社坂ノ途中 代表取締役、京都)
◇河上めぐみ(有限会社土遊野 取締役、富山)
◇土井佳彦(特定非営利活動法人多文化共生リソースセンター東海 代表理事、愛知)
◇明石祥子(フェアトレードシティくまもと推進委員会 代表、熊本)
◇長谷川琢也(FishermanJapan事務局 ヤフー株式会社 復興支援室、東京・東北)
◇高橋博樹(NPO法人京都伝統工芸活動支援会 京都匠塾 理事長、京都)
◇吉田恵美子(いわきおてんとSUN企業組合 代表理事、福島)
◇小林卓也(はるきちオーガニックファーム 代表、北海道/石狩)※予定
など、全国各地からたくさんの先駆的なイノベーターがご登壇予定です。

「GREENDAY」とは、次世代の担い手である青年層を主な対象に、社会が抱える課題を共有し、これからの社会づくりに向けた一歩を踏み出すためのきっかけを創出するフォーラムの名称。これまでに、2013・2014年と2回開催され30名以上のゲストと300名以上の青年層が参加している。

主催:NPO法人ezorock
運営協力:NPO法人コミュニティ実践ワークセンター

お問い合わせ・申込
NPO法人ezorock(担当:高橋優、草野)
〒064-0809 札幌市中央区南9条西3丁目1-7
TEL・FAX:011-562-0081
E-mail:info@ezorock.org
※詳細は決まり次第下記ページに掲載されます▼
URL:https://www.facebook.com/HokkaidoYouthSessionsgreenday/

平成27年度守ろう美しい北海道!海ごみ・ポイ捨て防止大会

  • 期間/2016年1月12日(火)
    時間/13:20〜16:00(開場 13:00)
    場所/ホテルポールスター札幌 2階(札幌市中央区北4条西6丁目)
    ※予定であり時刻等変更される場合があります。
    対象/どなたでも
    参加費/無料
    申込/要事前申込(先着順で受付・12月28日《月》必着)
    「大会参加申込書」を記入の上、北海道環境生活部環境局循環型社会推進課廃棄物グループ宛てに、E-mail、FAX、
    郵送にてお申し込みください。
    ※「大会参加申込書」は下記URLよりダウンロードしてください。

北海道では、日頃活動されている方々から講演や事例報告をいただくことにより、空き缶等散乱防止条例の周知とともに、海岸漂着物対策の重要性に関心と理解を深めるため、標記大会を開催します。

内容
◇表彰式(社会貢献賞、空き缶等散乱防止ポスター入賞者など)
◇シンポジウム(講演、事例報告)

主催:北海道環境生活部環境局循環型社会推進課廃棄物指導グループ

お問い合わせ・申込
北海道環境生活部環境局循環型社会推進課廃棄物指導グループ
〒060−8588(住所不要)
TEL:代表 011-231-4111(内線24−315)
参加申込書をこちらからダウンロードできます▼
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/jss/

環境教育・環境保全活動に関するプログラム実践講座

  • 期間/2016年1月12日(火)、13日(水) 1泊2日
    時間/12日 10:45〜 受付
    11:00〜 開講式など
    13日 〜16:00 講義など
    16:00〜16:10 閉講式
    場所/道立青少年体験活動支援施設 ネイパル深川(深川市音江町2丁目7番1号)
    対象/小学校、中学校、高等学校の教員、青少年教育施設の職員(指定管理者を含みます)、市町村、
    市町村教育委員会の職員、北海道、北海道教育委員会の職員、
    学校や市町村と連携した環境教育等の実践に関心を有する法人・団体の職員など
    参加費/4,400円(施設利用料金2,200円、食費4食分2,200円)
    申込/要事前申込(定員:30名程度)
    11月25日(水)までに申込書に必要事項を明記の上、郵送・FAX・Eメールで申し込みください

学校や市町村の現場で生かせる知識と実践、企画について、充実した講師陣が環境教育プログラムを使用しながらポイントを指導します。

主催:北海道、北海道教育委員会、(公財)北海道環境財団、北海道環境教育等推進協議会
共催:道立青少年体験活動支援施設 ネイパル深川

お問い合わせ
環境生活部環境局環境推進課環境戦略推進グループ
TEL:011-204-5188
FAX:011-232-1301
E-mail:kansei.kankyou1@pref.hokkaido.lg.jp
参加申込書をこちらからダウンロードできます▼
URL:http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/ksk/kankyokyoiku.htm

エコ楽クッキングセミナー in 北海道(函館会場)

  • 期間/2016年1月16日(土)
    時間/10:30〜13:30
    場所/亀田福祉センター 調理室(函館市美原1丁目26番12号)
    参加費/1人500円(材料・資料代として)
    申込/要事前申込・定員20名 ※2016年1月13日(水)締切
    下記サイトの「各会場の申込みフォーム」からお申込みできます
    http://furusato-kaiki.jp/ecoraku/seminar/

“ひと手間減らして電気・ガス代も節約しておいしい料理”ができるセミナーを道内5ヶ所で開催します。

◇プログラム内容 ※若干変更になる場合があります。
10:00 開場
10:30 ごあいさつ・講師紹介
10:35 本日のメニューとフードマイレージについて
11:00〜12:20 みんなで調理
12:20〜13:20 いただきます!(地元農家さんによる地元野菜などのお話タイム)
13:20 後片付け
13:30 終了
◇予定メニュー
免疫力アップスープなど
◇講師
宮森芳子氏(北海道地球温暖化防止活動推進員、エコ・クッキングナビゲーター)

※この事業は、環境省「地域における草の根活動支援事業」です。
主催:NPO法人北海道ふるさと回帰支援センター

お問い合わせ
NPO法人北海道ふるさと回帰支援センター(担当:松本、佐藤)
〒064-0808 札幌市中央区南8条西2丁目 市民活動プラザ星園405号
TEL:011-211-0261
FAX:011-211-0271
E-mail:info@furusato-kaiki.jp
URL:http://www.furusato-kaiki.jp/

小樽港探鳥会

  • 期間/2016年1月17日(日)
    時間/8:00〜16:00
    集合時間:札幌駅北口 8:00/小樽駅 9:20
    帰着時間:札幌駅 16:00頃/小樽駅前 14:40
    場所/小樽港
    集合場所:札幌駅北口(中央)「鐘の広場」、または小樽駅
    参加費/2,000円(当日、受付時に申し受けます)
    申込/要事前申込(定員:45名)
    電話・Eメールにてお申込、乗降場所を指定してください
    Eメールの場合、電話番号を明記願います(定員になり次第、締め切ります)
    申込期間:1月5日(火)〜8日(金) ※毎日9:00〜20:00

札幌から貸し切りバスを利用して日和山灯台付近、祝津漁港、高島漁港、フェリーターミナルなどを周り、海ガモ類、カモメ類、ウミガラス類などを観察します。
どなたでも参加いただけます。是非、ご参加ください。(今年度から、小樽駅からの乗降を新設しました)
◇小樽駅で小休止してから探鳥コースに入ります。
◇フェリーターミナルで昼食をとります。(ご持参またはターミナルのレストラン《参加費には含まれておりません》)
◇往復とも途中乗車・下車はできません。
主催:北海道野鳥愛護会

お問い合わせ・申込
北海道野鳥愛護会(畑幹事)
TEL:011-894-0017
E-mail:hata2002@lapis.plala.or.jp
※当日緊急連絡先:090-3117-4261

地熱活用セミナー in 札幌

  • 期間/2016年1月21日(木)
    時間/13:00〜16:30(開場 12:30)
    場所/北海道建設会館 9F大ホール(札幌市中央区北4条西3丁目1番地)
    参加費/無料
    申込/要事前申込 ※定員:150名
    1月18日(月)までに、パンフレット裏面の参加申込書の必要事項を下記申込み先までご連絡ください。

◇プログラム内容
第1部:基調講演「わが国の地熱開発の現状と展望」
地熱情報研究所 代表 江原 幸雄氏
第2部:特別講演
北海道立総合研究機構地質研究所 部長 高橋 徹哉氏
わいた会 代表 江藤 義民氏
壮瞥町経済環境課 課長補佐 木下 薫氏
第3部:話題提供
第4部:パネルディスカッション

北海道は、全国の4割の地熱資源を有しており、積雪寒冷地でもあることから、発電だけではない地熱・温泉熱の有効活用が期待されています。
道では、地域に賦存する地熱や温泉熱資源の有効活用を図るため、自治体や温泉事業者、地域住民等を対象に、地熱に関する講演や先進事例の紹介などを行うセミナーを開催することといたしました。
このセミナーを機に、エネルギーの地産地消に向けた取組が促進されるとともに、地域における産業振興や地域経済の活性化を図られることを期待しています。
多数の皆様の参加をお待ちしております。

主催:北海道経済部産業振興局 環境・エネルギー室 省エネ・新エネG

お問い合わせ・申込
【お問い合わせ先】
北海道経済部産業振興局 環境・エネルギー室 省エネ・新エネG(担当:黒澤)
TEL:011-231-4111(内線26-172)
URL:http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/kke/sene/chinetsu2015.htm

【お申込先(事務局)】
日本工営株式会社札幌支店(担当:山田、二川)
TEL:011-557-8022
FAX:011-252-0343
参加申込書をこちらからダウンロードできます▼
URL:http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/kke/sene/chinetsu33.pdf

さっぽろエコドライブ活動セミナー 〜燃料節約・事故削減に向けて〜

  • 期間/2016年1月22日(金)
    時間/14:30〜16:30(開場 14:00)
    場所/札幌エルプラザ4階 大研修室(札幌市北区北8条西3丁目)
    参加費/無料
    申込/要事前申込・定員80名 ※1月15日(金)まで
    「お名前(ふりがな)・会社名・連絡先(TEL/FAX)・参加人数」を電話、FAX、Eメールのいずれかにて
    お知らせください。また、エコドライブに取り組むにあたり、問題点や課題などがありましたら、当セミナーの中で
    可能な範囲で取り上げたいと思います。ご意見、ご質問などお聞かせください。

札幌市では、市内企業の皆さまにエコドライブの取組を広め、実践していただくために、「エコドライブ活動セミナー」を開催します。
皆さまのご参加をお待ちしております。

エコドライブのメリット
◇排気ガスが少なくなり、環境にやさしい
◇自動車の燃費がよくなり、燃料費を節約
◇自然と安全運転になり、事故が少なくなる

プログラム内容
◇講演「エコドライブ活動推進のポイント」
企業における、継続的・効率的なエコドライブの推進方法
講師:株式会社アスア
◇札幌市の自動車環境対策について
◇市内企業の取組事例発表

主催:札幌市環境局

お問い合わせ・申込
札幌市環境局環境都市推進部環境計画課
〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目
TEL:011-211-2877
FAX:011-218-5108
E-mail:kan.suishin@city.sapporo.jp
URL:http://www.city.sapporo.jp/kankyo/zidousya_kankyo/ecodrive.html

エコ楽クッキングセミナー in 北海道(釧路会場)

  • 期間/2016年1月23日(土)
    時間/10:30〜13:30
    場所/釧路市生涯学習センター「まなぼっと幣舞」(釧路市幣舞町4番28号)
    参加費/1人500円(材料・資料代として)
    申込/要事前申込・定員20名 ※2016年1月20日(水)締切
    下記サイトの「各会場の申込みフォーム」からお申込みできます
    http://furusato-kaiki.jp/ecoraku/seminar/

“ひと手間減らして電気・ガス代も節約しておいしい料理”ができるセミナーを道内5ヶ所で開催します。

◇プログラム内容 ※若干変更になる場合があります。
10:00 開場
10:30 ごあいさつ・講師紹介
10:35 本日のメニューとフードマイレージについて
11:00〜12:20 みんなで調理
12:20〜13:20 いただきます!(地元農家さんによる地元野菜などのお話タイム)
13:20 後片付け
13:30 終了
◇予定メニュー
免疫力アップスープなど
◇講師
宮森芳子氏(北海道地球温暖化防止活動推進員、エコ・クッキングナビゲーター)

※この事業は、環境省「地域における草の根活動支援事業」です。
主催:NPO法人北海道ふるさと回帰支援センター

お問い合わせ
NPO法人北海道ふるさと回帰支援センター(担当:松本、佐藤)
〒064-0808 札幌市中央区南8条西2丁目 市民活動プラザ星園405号
TEL:011-211-0261
FAX:011-211-0271
E-mail:info@furusato-kaiki.jp
URL:http://www.furusato-kaiki.jp/

CISEサイエンス・フェスティバル2016 in チ・カ・ホ 〜生きものたちの北海道〜

  • 期間/2016年1月23日(土)、24日(日)
    時間/23日は12:00〜18:00、24日は10:00〜15:00
    場所/札幌駅前通地下歩行空間 「北大通交差点広場(東・西)」
    対象/どなたでも
    参加費/無料
    申込/不要、当日直接お越しください

札幌周辺の動物園、水族館、科学館、博物館がチカホに大集合し、全長6メートルのクジラ骨格レプリカや、ヒグマや海獣のトランクキット(※)、サケやエゾトミヨの実物展示など、色々な生き物を見て・触れて・学べる2日間です。
ステージでは、絵本作家のあべ弘士さんや自然写真家の山本光一さんの講演や、円山動物園・おたる水族館の“飼育員は見た!”など、楽しいトークイベントも開催します。
入場は無料!たくさんの皆さんのご来場をお待ちしています。

※「トランクキット」とは?
トランクで持ち運びできる生き物の教材です。生き物をリアルに感じてもらうため標本や資料、写真などが入っています。

【おもしろ話がいっぱい!生トークステージ】
<1月23日(土)>
◇バイオミメティクス(生物模倣技術)が今スゴイ(13:00〜13:45)
講師:大原 昌宏(北海道大学総合博物館教授)
◇白いおしりを捕まえろ!(14:00〜14:30)
講師:北海道セイヨウオオマルハナバチ対策推進協議会
◇高校生環境学習ポスターセッション優秀作品発表会(15:00〜15:40)
◇阿寒 漆黒の森と野生動物(16:00〜16:45)
講師:山本 光一(自然写真家)
◇北海道の鳥類とコウモリ(17:00〜17:45)
講師:先崎 啓究(プロバードウォッチャー)・中島 宏章(自然写真家)

<1月24日(日)>
◇阿寒 漆黒の森と野生動物(11:00〜11:45)
講師:山本 光一(自然写真家)
◇円山動物園・おたる水族館 飼育員は見た!(12:00〜12:45)
講師:本田 直也(札幌市円山動物園飼育員)・神前 和人(おたる水族館飼育員)
◇生きものたちの北海道(13:00〜13:45)
講師:あべ 弘士(絵本作家)

【発見いろいろ!体験ブース】
参加団体の各ブースでは、ヒグマやサケ、恐竜などのトランクキットをはじめ、楽しい展示や体験コーナーがあります。
<参加団体>
北海道博物館、札幌市北方自然教育園、いしかり砂丘の風資料館、環境学習フォーラム北海道、札幌市青少年科学館、北海道大学総合博物館、北広島市エコミュージアムセンター知新の駅、札幌市豊平川さけ科学館、札幌市定山渓自然の村、石狩浜海浜植物保護センター、地図と鉱石の山の手博物館、札幌市円山動物園、北海道新聞野生生物基金、北海道セイヨウオオマルハナバチ対策推進協議会、札幌市青少年山の家、札幌市環境プラザ、おたる水族館、札幌市生涯学習センター、千葉市科学館、札幌市環境局

☆CISEネットワーク
CISE(Community for Intermediation of Science Education)ネットワークは、札幌市周辺の動物園・水族館・科学館・博物館などが連携して市民の皆様に生きた科学教育の機会を提供するネットワークです。

☆北海道セイヨウオオマルハナバチ対策推進協議会
特定外来生物「セイヨウオオマルハナバチ」の防除の取組を強化し、市民参加のもと全道における駆除活動の活性化及び拡大に向けて活動しています。
構成団体:北海道、札幌市、石狩市、黒松内町、株式会社アレフ、公益財団法人北海道環境財団、
HoBiCC(北海道生物多様性保全活動連携支援センター)

主催:CISEネットワーク、北海道セイヨウオオマルハナバチ対策推進協議会
共催:札幌市、HoBiCC(公益財団法人北海道新聞野生生物基金、公益財団法人北海道環境財団、
地方独立行政法人北海道立総合研究機構環境科学研究センター)、北海道新聞社
協賛:ニトリ北海道応援基金、日立アプライアンス株式会社

お問い合わせ
CISEネットワーク事務局(北海道大学総合博物館)
TEL:011-706-3900
URL:http://www.museum.hokudai.ac.jp/cise/

冬の千歳川でカワアイサ、ヤマセミなど水鳥探し!

  • 期間/2016年1月24日(日)
    時間/8:30〜14:00
    場所/千歳川周辺(千歳孵化場〜新星) ※JR千歳駅2階北改札口 8:30集合
    札幌駅7:48発「エアポート」乗車、千歳駅下車
    参加費/1,300円(ガイド料、保険代)
    申込/要事前申込
    持ち物/お弁当、防寒靴、防寒着、あれば双眼鏡持参

主催:札幌・里山散歩オコジョの会

お問い合わせ・申込
札幌・里山散歩オコジョの会(担当:住友)
TEL:080-3233-1684

自然環境保全を担う人材育成のためのセミナー『自然環境保全を仕事にしよう!』
<第4回:企業の自然環境保全「どんな企業も、地球が職場だから…」>

  • 期間/2015年1月27日(水)
    時間/18:00〜20:00
    場所/北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)2階 2号会議室
    (札幌市中央区北3条西6丁目 ※駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。)
    参加費/無料
    申込/参加を希望される方は、「参加希望回(複数回参加可)」「氏名」「電話番号(携帯可)」
    「所属(高校、大学、専門学校、団体など)」をご用意・明記の上、電話・FAX・E-mailでお申込みください。
    ※申込みにあたって、お知らせいただいた個人情報は本セミナーの運営業務以外には使用いたしません。
    ※定員:各回100名

自然は、大きなシゴト場だ。
豊かな森や水辺が広がり、多彩な生命が息づく北海道。
このかけがえのない自然を守り育て、次の時代にしっかり継いでいく…
そんな自然に関わる仕事が、今若い世代から注目を集めています。
この人材育成セミナーでは、行政から企業、NPOなど「自然環境保全」という職場で活躍している方にご登場いただき、そのシゴトの内容、やりがい、ユニークなエピソードなどを語っていただきます。

水を大量に使用する企業が水資源の環境保全に取り組んだり、外来種の駆除や環境にやさしい農業の推進に外食チェーンが取り組んだり、あるいは飲料会社が野生動植物の保護活動を推進するなど、企業が、地球温暖化防止・生物多様性の保全・循環型社会の実現に取り組むケースが増えています。もちろん企業ごとに活動内容はさまざま。本来のビジネスを展開しながら自然環境の保全にも取り組む企業人の話を聞いてみましょう!
・佐田朋彦さん(アサヒグループホールディングス株式会社 CSR部門 ゼネラルマネージャー)
・小谷栄二さん(ファームエイジ株式会社 代表取締役)
・橋部佳紀さん(株式会社アレフ 農業研究部リーダー)
・宇井雅彦さん(北海道コカ・コーラボトリング株式会社 広報・CSR推進部)

トータルナビゲーター:能條歩さん(北海道教育大学岩見沢校 教授)
アウトドアライフ専攻 自然誌研究室、北海道環境教育等推進協議会 副会長。
今回は、全5回シリーズにわたって、参加者のみなさんと出演者をつなぐ役割として、北海道教育大学岩見沢校の能條先生にトータルナビゲーターを担っていただきます。

このセミナーは、アサヒビール株式会社の『アサヒスーパードライ「うまい!を明日へ!」プロジェクト』による寄付金を活用
して実施いたします。
 主 催 :公益財団法人北海道環境財団、北海道、北海道環境教育等推進協議会
 共 催 :北海道生物多様性保全活動連携支援センター(HoBiCC)
 協 賛 :アサヒビール株式会社
 後 援 :北海道教育委員会
広報協力:株式会社北海道アルバイト情報社

お問い合わせ・申込
公益財団法人北海道環境財団「人材育成セミナー申込」係
TEL:011-218-7811
FAX:011-218-7812
E-mail:seminar2015@heco-spc.or.jp
リーフレットをこちらからダウンロードできます▼
URL:http://www.heco-spc.or.jp/shigoto/jinzai_asahi.pdf

世界湿地の日記念 冬のエコツアー2016

  • 期間/2016年1月30日(土)
    時間/8:30〜15:30
    場所/釧路湿原(シラルトロエトロ)
    集合・解散場所:釧路市役所(釧路市黒金町7-5)
    対象/小学校高学年以上 ※ただし、小学生は保護者同伴
    2時間程度積雪した湿原を歩ける方
    参加費/無料
    申込/電話でお申込みください(定員:20名)
    申込期間:12月1日(火)〜12月15日(火)
    ※応募多数の場合は抽選となります

世界湿地の日を記念し、冬の釧路湿原を探検します。
1)釧路湿原のシラルトロエトロという場所を探検します。
2)ワカサギを食べられるかも…?
3)ワークショップは「宝探し」です。
主催:釧路国際ウェットランドセンター

お問い合わせ・申込
釧路国際ウェットランドセンター(釧路市役所環境保全課内)
TEL:0154-31-4594

もういちど出会おう、はじめよう! 〜HOKKAIDO 新春 環境教育交礼会〜

  • 期間/2016年1月30日(土)
    時間/18:30〜20:30
    場所/国際ホール(札幌市中央区北4条西4丁目1番地 札幌国際ビル8階)
    対象/環境教育の担い手のみなさん、NPO、教師、研究者、学生、自治体のみなさん、環境教育に関わりたいと考えている
    方ならどなたでも
    参加費/2,000円(パーティー食事代含む・飲み物代別途)
    会場で飲み物を販売いたします。
    申込/要事前申込
    1月25日(月)までに、お名前(ふりがな)・所属・連絡先(住所・電話・メール等)をご記入の上、FAXまたはメールで
    お申込みください。

NPO法人ねおすの高木理事長などが呼びかけ人となり、「環境教育」をキーワードとした新春交礼会を開催します。八剣山エコケータリングのドイツ料理を楽しみながら、環境教育のネットワークを広げましょう。環境教育の担い手のみなさん、環境教育に関わりたいと考えている方々の参加をお待ちしています。

「最近、環境教育をキーワードにした担い手側の北海道内のネットワークが希薄だね。」という思いから、数人が頭を集めたのですが、「あまり格式張らないでざっくばらんなのりの集まりを作ればいいんじゃない。」とN先生の発案で「新年交礼会」なるものを企画しました。昨今の環境問題は地球温暖化から放射能、エネルギー、自然体験、農林水産業まで多岐に渡り、環境教育の守備範囲も広がり手法も多様化しているようで、なかなか共通の課題化ができずにいるようです。
なので、誰がどこで何をしているかとらえきれない状況にあると思います。そこで、古くからやっている人も若い人も、活動分野も問わずに「環境教育」というキーワードに反応する人で交礼会をまずはやってみようということになりました。環境教育の根本は「つながりづくり」です。ぜひ、この機会に多くの方々のご参加を頂きたくお待ち申し上げております。
呼びかけ人代表 高木 晴光(NPO法人ねおす理事長)

プログラム内容
18:30〜 開催のごあいさつ
小林 三樹(公益財団法人北海道環境財団 理事長)
18:45〜 鼎談「環境教育のこれまで、これから」
高木 晴光(NPO法人ねおす 理事長)
丸山 博子(丸山環境教育事務所)
能條 歩(北海道教育大学岩見沢校 教授)
19:20〜 八剣山エコケータリングのドイツ料理でLet's PARTY!!
旧交を温める、新しいネットワークをひろげる、エコでおいしい料理を楽しみながら、次につながるひと時を!

呼びかけ人(五十音順・敬称略)
◇荒井 一洋(NPO法人大雪山自然学校 代表理事)
◇上田 融(いぶり自然学校 代表)
◇内山 到(公益財団法人北海道環境財団 協働推進課長)
◇大類 幸子(NPO法人ねおす)
◇草野 竹史(NPO法人ezorock 代表理事)
◇小林 三樹(公益財団法人北海道環境財団 理事長)
◇高木 晴光(NPO法人ねおす 理事長)
◇田中 住幸(NPO法人あそベンチャースクール 代表)
◇能條 歩(北海道教育大学岩見沢校 教授)
◇丸山 博子(丸山環境教育事務所)
◇宮本 尚(NPO法人北海道市民環境ネットワーク 常務理事)
◇山中 康裕(北海道大学大学院環境科学院 教授)

主催:2016環境教育に関心がある人達の新年交礼会実行委員会
(公益財団法人北海道環境財団、NPO法人ねおす、認定NPO法人北海道市民環境ネットワーク)

お問い合わせ・申込
北海道環境財団(担当:内山)
TEL:011-218-7811
FAX:011-218-7812
E-mail:eekohrei@heco-spc.or.jp
URL:http://on.fb.me/1NRd7sE
チラシをこちらからダウンロードできます▼
URL:http://www.heco-spc.or.jp/file/itr/20150130eekorei.pdf

美幌博物館講座(自然編)「エゾシカが教えてくれる人と自然の関係」 <講演会>

  • 期間/2016年1月30日(土)
    時間/16:00〜17:30
    場所/美幌博物館 2階 視聴覚室(美幌町字美禽253-4)
    対象/中学生以上〜一般
    ※小学生以下も参加可能(小学3年生以下の方は保護者の同伴が必要)
    参加費/無料
    申込/不要、当日直接お越しください(定員:50名)※先着順

◇講師:宇野 裕之 氏(北海道立総合研究機構)

交通事故や農業被害など、北海道ではエゾシカが大きな社会問題になっています。でも、そんなエゾシカのことを皆さんは、どれだけ知っていますか。本当にエゾシカが悪者なのでしょうか。エゾシカのことを良く知れば、違った見方ができるかもしれません。
主催:美幌博物館

お問い合わせ
美幌博物館
TEL:0152-72-2160
URL:http://www.town.bihoro.hokkaido.jp/museum/index.html

美幌博物館講座(自然編)「エゾシカが教えてくれる人と自然の関係」 <観察会>

  • 期間/2016年1月31日(日)
    時間/8:00〜12:30
    場所/前田一歩園財団 所有林内(釧路市阿寒町)
    集合・解散:美幌博物館(美幌町字美禽253-4)
    対象/中学生以上〜一般
    ※小学生以下も参加可能(小学3年生以下の方は保護者の同伴が必要)
    参加費/100円(保険代として)
    申込/要事前申込(定員:25名)※先着順
    電話にてお申込みください。
    申込期間:1月7日(木)9:30〜1月27日(水)17:00
    ※申込み後のキャンセルは1月27日(水)まで。それ以降は、不参加の場合でも保険代がかかります。
    持ち物/野外で活動できる暖かい服装(防寒着、帽子、手袋、厚手の靴下など)、スノーシュー、スパッツ、飲み物、
    リュックサック、携帯カイロ、双眼鏡
    ※スノーシュー、スパッツ及び双眼鏡をお持ちでない方は、博物館でご用意します。

スノーシューを使って森の中を散策します。
(荒天の場合、中止もしくは美幌博物館内での座学に実施内容を変更します)

◇講師:宇野 裕之 氏(北海道立総合研究機構)

交通事故や農業被害など、北海道ではエゾシカが大きな社会問題になっています。でも、そんなエゾシカのことを皆さんは、どれだけ知っていますか。本当にエゾシカが悪者なのでしょうか。エゾシカのことを良く知れば、違った見方ができるかもしれません。
主催:美幌博物館

お問い合わせ・申込
美幌博物館
TEL:0152-72-2160
URL:http://www.town.bihoro.hokkaido.jp/museum/index.html

真駒内公園冬鳥探鳥会

  • 期間/2016年1月31日(日)
    時間/9:00〜12:00
    場所/真駒内公園(札幌市南区) ※豊平川サケ科学館前 9:00集合
    地下鉄「真駒内駅」からじょうてつバス「南90,95,96,97,98」のいずれかに乗車、「真駒内競技場前」下車
    参加費/会員無料、一般300円
    申込/不要、当日直接お越しください

野鳥情報:ヒレンジャク、キレンジャク、アカゲラなど

主催:日本野鳥の会札幌支部

お問い合わせ
日本野鳥の会札幌支部
TEL:011-613-7973(月・水・金《祝日の場合は休み》の10:00〜17:00)
URL:http://sapporo-wbsj.org/
※年末年始は、2015年12月29日(火)〜2016年1月5日(火)までお休みになります。

シルバーシティときわ台ヒルズ 2月のヒルズギャラリー「釧路湿原自然再生事業」紹介パネル展

  • 期間/2016年2月1日(月)〜2月28日(日)
    時間/9:00〜17:00
    場所/シルバーシティときわ台ヒルズ ヒルズギャラリー(釧路市春採7丁目5番1号)
    参加費/無料
    申込/不要、当日直接お越しください

2月のギャラリーでは釧路湿原で行われている自然再生事業をパネルで紹介します。
私達の近くにある釧路湿原の保全について考えてみませんか。
主催:シルバーシティときわ台ヒルズ
協力:釧路湿原自然再生協議会再生普及行動計画オフィス

お問い合わせ
シルバーシティときわ台ヒルズ
TEL:0154-46-8811

シンポジウム 〜地球温暖化対策と地域づくり〜 地球を守る地域を創る

  • 期間/2016年2月7日(日)
    時間/13:30〜16:30
    場所/北見市民会館 1号室(北見市常盤町2丁目1-10)
    参加費/無料
    申込/要事前申込 ※定員:80名(申込み先着順)
    お名前とご連絡先をお知らせください。

2015年12月にフランス・パリで開催されたCOP21で、今世紀後半に温室効果ガス排出量を実質ゼロにすることを目標とした新たな国際枠組み「パリ協定」が採択されました。
今後、すべての国に温室効果ガス削減の取り組みが義務づけられますが、そうした中で私たちに身近な地域・自治体にも、さまざまな役割を担うことが期待されるようになると考えられます。そこで、地域・自治体での温暖化対策のあり方について私たち自身が議論することが不可欠です。
今回のシンポジウムは、まず、世界・日本の地球温暖化対策の最新動向について、次に道内各地の温暖化対策の先行事例について学んだ上で、今後の北海道・オホーツク地域での取り組みの可能性・方向性を議論します。

<第1部:基調講演「地球温暖化対策の最新動向と地域での取り組み」>
講師:山岸 尚之 氏(WWFジャパン 気候変動・エネルギーグループリーダー)

<第2部:事例報告>
◇北海道下川町での森林資源を活かした低炭素型地域づくり
仲埜 公平 氏(下川町職員/北海道地球温暖化防止活動推進員)
◇釧路地域での市民共同発電事業 〜鶴居サルルンソーラー〜
荒井 剛 氏(一般社団法人くしろソーシャルデザインネットワーク 代表理事)
◇オホーツク・北見地域における取組について
中島 邦夫 氏(エコスクール運営委員会 代表)

<第3部:パネルディスカッション「考えよう!地域を元気にする温暖化対策」>
コーディネーター:平岡 俊一 氏(北海道教育大学釧路校 准教授)

主催:北見市、公益財団法人北海道環境財団、一般社団法人くしろソーシャルデザインネットワーク
共催:美幌町、津別町
後援:オホーツク新エネルギー開発推進機構(ONEDO)
協力:エコスクール運営委員会

お問い合わせ・申込
北見市 市民環境部 環境課
TEL:0157-25-1131
FAX:0157-25-1215
E-mail:kankyo@city.kitami.lg.jp

野幌森林公園探鳥会

  • 期間/2016年2月7日(日)
    時間/9:00〜12:00 ※よほどの悪天候でない限り実施
    場所/野幌森林公園 ※野幌森林公園 大沢口に9:00集合
    夕鉄バス:新札幌駅発「文京台南町行き」乗車、「大沢公園入口」下車
    JRバス:新札幌駅発「文京台循環線」乗車、「文京台南町」下車
    ※各徒歩5分
    参加費/無料
    申込/不要、当日直接お越しください
    持ち物/観察用具、筆記用具、防寒着、昼食等

冬の野幌森林公園を雪を踏みしめながら、ツグミ、アトリ、マヒワなどの冬鳥、キツツキ類、カラ類などを観察します。12時頃に大沢口に戻り鳥合わせ、解散となります。
昼食は「ふれあい交流館」でとることができます。
主催:北海道野鳥愛護会

お問い合わせ
北海道野鳥愛護会(代表幹事:栗林 宏三)
TEL:011-781-4919

歩くスキーで湿原ハイク

  • 期間/2016年2月7日(日)
    時間/10:00〜12:00
    場所/釧路湿原
    集合場所:温根内ビジターセンター(鶴居村温根内)
    参加費/無料
    申込/要事前申込(定員:15名)

雪の釧路湿原とその周辺の森を歩くスキーで楽しみます。
皆さま、是非ご参加ください。
主催:温根内ビジターセンター

お問い合わせ・申込
温根内ビジターセンター
TEL:0154-65-2323

シルバーシティときわ台ヒルズ ヒルズギャラリーオープニングイベント『特別講演「自然とわたしたちの暮らし」』

  • 期間/2016年2月7日(日)
    時間/14:00〜15:00
    場所/シルバーシティときわ台ヒルズ 1階 ヒルズホール(釧路市春採7丁目5-1)
    参加費/無料
    申込/不要、当日直接お越しください

特別講演:「自然とわたしたちの暮らし」
講師:菊地 義勝 氏(釧路国際ウェットランドセンター事務局長)

わたしたちが暮らす釧路市の周りには大変豊かな自然が広がっています。ところで普段、私たちがいう「自然」とは、一体どんなものかわかりますか?山や森、川や海、湿原のことでしょうか?
それとも、ヒグマやエゾシカ、シャケやクジラ、タンチョウがいる場所のことでしょうか?
日差しや雪ふりなど四季折々、さまざまに変化する気候をもたらす現象のことでしょうか?
いずれも、わたしたちの生活に深く関わっているものばかりです。
今回は、わたしたちの暮らしと切っても切れないこの「自然」について、わかりやすくお話をします。
主催:シルバーシティときわ台ヒルズ

お問い合わせ
シルバーシティときわ台ヒルズ
TEL:0154-46-8811

みんなで考える食と環境のつながり 環境道民会議ウィンターミーティング

  • 期間/2016年2月10日(水)
    時間/13:30〜16:00
    場所/かでる2・7 1060会議室
    対象/どなたでも
    参加費/無料
    申込/要事前申込(定員80名) 2月3日までにお申し込みください。
    リーフレットの参加申込書に、お名前(ふりがな)・所属又はお住まいの市町村・電話番号をご記入の上、
    FAXでお送りください。
    または、同様の内容をEメールにより送信してください。
    (リーフレット準備中。道庁HPにアップ予定。)

環境道民会議では、環境に配慮した実践的な取組事例等の紹介を通じ、道民一人ひとりに環境問題に関心を持ってもらい、どのように具体的な取組につなげていけるか共に考えるウィンターミーティングを開催します。
今年のテーマは「食と環境」です。
地球温暖化が及ぼす食への影響や、地域や企業で取り組む食と環境保全に関する実践的な取組についてご紹介します。
「食」という身近なテーマからわたしたちを取り巻く環境について、一緒に考えてみませんか?
主催:環境道民会議、北海道

お問い合わせ・申込
環境道民会議事務局(北海道環境生活部環境局環境推進課)
TEL 011-204-5188
FAX 011-232-1301
E-mail:kansei.kankyou1@pref.hokkaido.lg.jp
URL:http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/ksk/index.htm

清流・茂いざり川で身近に水鳥観察!

  • 期間/2016年2月13日(土)
    時間/9:30〜12:30
    場所/茂いざり川(恵み野) ※JR恵み野駅 9:30集合
    札幌駅8:42発「千歳行き」乗車、恵み野駅下車
    参加費/900円(ガイド料、保険代)
    申込/要事前申込
    持ち物/防寒靴、防寒着、あれば双眼鏡持参

主催:札幌・里山散歩オコジョの会

お問い合わせ・申込
札幌・里山散歩オコジョの会(担当:住友)
TEL:080-3233-1684

冬の塘路湖畔散策

  • 期間/2016年2月13日(土)
    時間/10:00〜12:00
    場所/塘路湖畔
    集合場所:塘路湖エコミュージアムセンター(標茶町塘路原野)
    参加費/無料
    申込/要事前申込(定員:10名)

スノーシューを履いて、結氷した湖上と湖畔の林を散策します。
皆さま、是非ご参加ください。
主催:塘路湖エコミュージアムセンター

お問い合わせ・申込
塘路湖エコミュージアムセンター
TEL:015-487-3003

自然環境保全を担う人材育成のためのセミナー『自然環境保全を仕事にしよう!』
<第5回:自然環境に関わるNPO「行政でも企業でもないから、見えるもの」>

  • 期間/2015年2月22日(月)
    時間/18:00〜20:00
    場所/北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)2階 1号会議室
    (札幌市中央区北3条西6丁目 ※駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。)
    参加費/無料
    申込/参加を希望される方は、「参加希望回(複数回参加可)」「氏名」「電話番号(携帯可)」
    「所属(高校、大学、専門学校、団体など)」をご用意・明記の上、電話・FAX・E-mailでお申込みください。
    ※申込みにあたって、お知らせいただいた個人情報は本セミナーの運営業務以外には使用いたしません。
    ※定員:各回100名

自然は、大きなシゴト場だ。
豊かな森や水辺が広がり、多彩な生命が息づく北海道。
このかけがえのない自然を守り育て、次の時代にしっかり継いでいく…
そんな自然に関わる仕事が、今若い世代から注目を集めています。
この人材育成セミナーでは、行政から企業、NPOなど「自然環境保全」という職場で活躍している方にご登場いただき、そのシゴトの内容、やりがい、ユニークなエピソードなどを語っていただきます。

北海道内では環境教育活動や湿地の保全、自然を活かした地域づくりなどで、多くのNPOが活動しています。さまざまなセクターの中間に立ち、情熱と専門性を持って次世代へこの環境を引き継いでいくというその「準公共的な使命」はますます重要になっています。一方でNPOならではの悩みもあるでしょう。NPOとして自然環境の保全に取り組むということはどういうことなのでしょう。NPOの一員として各地で活躍する方の生の声を聞いてみます。
・田中住幸さん(NPO法人あそベンチャースクール代表理事)
・吉元美穂さん(NPO法人登別自然活動支援組織モモンガくらぶ事務局長)
・阪野真人さん(NPO法人霧多布湿原ナショナルトラスト事務局長、霧多布湿原センター館長代理)
・上田融さん(NPO法人ねおす理事、NPO法人いぶり自然学校代表理事)

トータルナビゲーター:能條歩さん(北海道教育大学岩見沢校 教授)
アウトドアライフ専攻 自然誌研究室、北海道環境教育等推進協議会 副会長。
今回は、全5回シリーズにわたって、参加者のみなさんと出演者をつなぐ役割として、北海道教育大学岩見沢校の能條先生にトータルナビゲーターを担っていただきます。

このセミナーは、アサヒビール株式会社の『アサヒスーパードライ「うまい!を明日へ!」プロジェクト』による寄付金を活用
して実施いたします。
 主 催 :公益財団法人北海道環境財団、北海道、北海道環境教育等推進協議会
 共 催 :北海道生物多様性保全活動連携支援センター(HoBiCC)
 協 賛 :アサヒビール株式会社
 後 援 :北海道教育委員会
広報協力:株式会社北海道アルバイト情報社

お問い合わせ・申込
公益財団法人北海道環境財団「人材育成セミナー申込」係
TEL:011-218-7811
FAX:011-218-7812
E-mail:seminar2015@heco-spc.or.jp
リーフレットをこちらからダウンロードできます▼
URL:http://www.heco-spc.or.jp/shigoto/jinzai_asahi.pdf

知来別の森 スノーシューハイキング

  • 期間/2016年2月28日(日)
    時間/10:00〜12:00
    場所/知来別の森(喜茂別町字知来別) ※喜茂別町郷の駅に9:45、または現地(知来別の森入り口)に10:00集合
    対象/一般、親子(小学生以上)
    参加費/300円
    申込/要事前申込(定員:20名)
    2月27日(土)までに氏名・住所・電話番号をご連絡ください。
    持ち物/雪の入らない靴、防寒着、飲み物、あればカンジキ、スノーシュー、双眼鏡、図鑑など
    ※スノーシューの無料貸し出し有り

知来別の森(喜茂別町字知来別)は、現在ボランティアの力で整備が進められている里山です。冬の森をスノーシューで散策しましょう。
動物の足あとや、木々の様子を観察しながら歩きます。

主催:自然ウォッチングセンター

お問い合わせ・申込
自然ウォッチングセンター
TEL:011-583-5208
FAX:011-583-5233
E-mail:PXP03576@nifty.com
リーフレットをこちらからダウンロードできます▼
URL:http://homepage2.nifty.com/watching/

早春のポロト湖自然休養林散歩

  • 期間/2016年3月5日(土)
    時間/10:40〜15:30
    場所/ポロト湖(白老町) ※JR白老駅 10:40集合
    JR札幌駅8:55発「エアポート」乗車 → 南千歳駅で「苫小牧行き」へ乗換
    → 苫小牧駅から「東室蘭行き」に乗車 → 白老駅下車 ※JR代各自負担
    参加費/1,300円(ガイド、保険料)
    申込/要事前申込(定員:25名)
    持ち物/お弁当、飲み物、防寒着、冬靴、あれば双眼鏡

早春のポロト湖を一周し、水鳥や山の鳥を観察しながら5kmほど散歩します。
主催:オコジョの会

お問い合わせ・申込
オコジョの会
TEL:080-3233-1684

冬の植物園ウォッチング・ツアー(第1回〜第4回)

  • 期間/2016年3月5日(土)、6日(日)
    時間/第1回:5日(土)9:30〜11:30
    第2回:5日(土)13:30〜15:30
    第3回:6日(日)9:30〜11:30
    第4回:6日(日)13:30〜15:30
    場所/北海道大学植物園(札幌市中央区北3条西8丁目)
    対象/小学生とその保護者
    参加費/100円(傷害保険料として)
    申込/要事前申込(定員:各回15名)※先着順
    申込期間:1月20日(水)〜2月19日(金)
    以下の(1)〜(9)を記入して、ハガキ、FAX、Eメールのいずれかにてお申込みください。
    (1)名前とふりがな(参加する家族全員)
    (2)年齢と学年(参加する家族全員)
    (3)靴のサイズ(参加する家族全員)
    (4)性別(参加する家族全員)
    (5)住所
    (6)電話番号
    (7)参加希望する回(第2希望まで)
    (8)駐車場の希望の有無(スペースに限りがあります)
    (9)メールアドレス(お持ちの場合)

冬の植物園で不思議なマツの生き方を観察してみませんか?
また、かんじき体験や、まつぼっくりや木の実を使った工作、樹液の味見にも挑戦してみませんか。

※第1回〜第4回の開催です。ご希望の回にご参加ください!

主催:北海道大学植物園

お問い合わせ・申込
北海道大学植物園
〒060-0003 札幌市中央区北3条西8丁目
TEL:011-221-0066
FAX:011-221-0664
E-mail:wt@fsc.hokudai.ac.jp
URL:http://www.hokudai.ac.jp/fsc/bg/

西岡水源池定例探鳥会

  • 期間/2016年3月6日(日)
    時間/9:00〜12:00
    場所/西岡公園 ※西岡公園管理事務所前 9:00集合
    地下鉄「澄川駅」から中央バス「西岡環状線」乗車、「西岡水源池」下車
    参加費/会員無料、一般300円
    申込/不要、当日直接お越しください

野鳥情報:エナガ、キバシリ、ハイタカなど
主催:日本野鳥の会札幌支部

お問い合わせ
日本野鳥の会札幌支部
TEL:011-613-7973(月・水・金《祝日の場合は休み》の10:00〜17:00)
URL:http://sapporo-wbsj.org/

市民のエネルギーチェンジ研究会vol.7 in 札幌 「電気は選ぶもの、つくるもの」

  • 期間/2016年3月9日(水)
    時間/18:30〜20:30
    場所/愛生舘サロン(札幌市中央区南1条西5丁目 愛生舘ビル6F)
    地下鉄「大通駅」徒歩3分 ※きたネット事務所が入っているビルの6階です。
    参加費/500円
    申込/要事前申込(定員:40名) ※3/7(月)締切
    きたネットへFAX、E-mail等で、お名前・所属・連絡先(住所、電話、メールアドレスなど)をご記入の上
    お申込みください。

エネルギーを選ぶ、つくる、地域と人の底力をつなぐ、市民のエネチェン研究会、第7回は札幌で開催します。
自然エネルギーへの「エネルギーチェンジ」を考えている市民、熱い心の行政マン、企業や研究者、どなたでも参加できます。
実践の成果や課題を共有する、知恵を出しあう、新しい技術・研究を学ぶひとりひとりが、暮らしや仕事の場でできることを見つけていく、次の一歩のための作戦会議です。
ALL北海道で「エネチェン」を進めよう。

座長:秋山 孝二
認定NPO 法人北海道市民環境ネットワーク理事長
北海道エネルギーチェンジ100ネットワーク委員

【プログラム1】
◇自然エネルギーで行こう! 電力自由化ここがポイント!!
ゲスト:小林 ユミさん(NPO法人北海道グリーンファンド 北海道エネルギーチェンジ100ネットワーク)
4月にスタートする電力自由化を前に、新制度の内容や、自分の暮らしにあった電力の選び方などを教えていただきます。
わからないこと、迷っていることなど聞いてみよう。

【プログラム2】
◇オフグリッドで行こう! 電気は自分でつくって自分で使うもの!!
ゲスト:佐山 廣和さん(再生可能エネルギー/コミュニケーションの「トミタ」代表 PVG Solutions株式会社 顧問)
オフグリッド(独立型電源)パワーで世界を動かそうと企む、札幌の再エネリーダーにお話をうかがいます。
昨年完成した太陽光パネルを搭載した電源ステージカー、PVチャージステージング(幸子)が全国で注目の的に!

【プログラム3】
◇フリーディスカッション 〜私たちのエネルギーを変える

主催:認定NPO法人北海道市民環境ネットワーク「きたネット」、北海道エネルギーチェンジ100ネットワーク

お問い合わせ・申込
認定NPO法人北海道市民環境ネットワーク「きたネット」
札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル5階
TEL:011-215-0148
FAX:011-215-0149
E-mail:office@kitanet.org
URL(きたネット):http://kitanet.org/
URL(北海道エネルギーチェンジ100ネットワーク):http://enechan100.com/
チラシをこちらからダウンロードできます▼
http://enechan100.com/2016/20160309enechan.pdf

カンジキをはいて歴史の小路を歩こう

  • 期間/2016年3月12日(土)
    時間/10:00〜14:00
    場所/空沼二股(中央バス「空沼線」終点)10:00集合 ※駐車スペースはありません。
    地下鉄真駒内駅中央バス2番乗り場 9:30発「空沼二股行き」に乗車、終点下車
    対象/どなたでも参加できます。5km程度雪原を歩きます。(若干高低差があります)
    参加費/500円(保険料含む)
    申込/要事前申込(定員:30名)
    3月9日(水)までに事前にEメールでお申込みください。Eメールのない方はFAX、もしくはお電話で。
    持ち物/カンジキはこちらで用意しますが、お持ちの方は持参してください。弁当、飲み物、長靴、着替え等。

今から90年前以上、空沼二股から藤野まで、人が行き来してた路をカンジキをはいてたどります。
◇開催コース:空沼二股(常盤)→ 常盤ヒルズ(532m)→ 旧麻生山荘→ 藤野国道バス停

主催:カッコウの里を語る会

お問い合わせ・申込
「カッコウの里を語る会」事務局(小林 保則)
TEL:011-592-5922
FAX:011-592-5923
E-mail:koba84@ceres.ocn.ne.jp

北海道 環境の村エコサロン in 札幌

  • 期間/2016年3月12日(土)
    時間/13:30〜16:00
    場所/札幌エルプラザ 2階環境研修室(札幌市北区北8条西3丁目)
    対象/テーマに関心のある方どなたでも
    参加費/500円(お茶とお菓子がつきます)
    申込/要事前申込(定員:30名) ※先着順
    氏名、電話番号、所属を明記の上、FAX又はメールによりお申し込みください。

「まわしよみ新聞」というコミュニケーションツールを用いて、身近な自然や環境をフィールドとした参加交流を考えるワークショップを開催します!
ゲスト:山口洋典(やまぐちひろのり)さん/立命館大学共通教育推進機構准教授・浄土宗應典院主幹

主催:北海道(企画・運営:NPO法人当別エコロジカルコミュニティー)
後援:(公財)北海道環境財団

お問い合わせ・申込
NPO法人当別エコロジカルコミュニティー
TEL:0133-22-4305
FAX:050-3730-7446
E-mail:tectec_ee@yahoo.co.jp
URL:http://www.tectec-ee.wix.com/website

円山公園定例探鳥会

  • 期間/2016年3月13日(日)
    時間/9:00〜12:00
    場所/円山公園 ※円山公園南大通側入口 9:00集合
    地下鉄「円山公園駅」から徒歩3分
    参加費/会員無料、一般300円
    申込/不要、当日直接お越しください

野鳥情報:コゲラ、シメ、ウソなど
主催:日本野鳥の会札幌支部

お問い合わせ
日本野鳥の会札幌支部
TEL:011-613-7973(月・水・金《祝日の場合は休み》の10:00〜17:00)
URL:http://sapporo-wbsj.org/

親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会

  • 期間/2016年3月13日(日)
    時間/10:30〜14:00(受付開始 10:15)
    場所/襟裳岬「風の館」(えりも町字東洋366-3)
    対象/小中学生とその保護者
    参加費/無料
    申込/要事前申込(定員:50名) ※3/1(火)締切、定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。
    ホームページから「参加申込書」をご覧になって、氏名・住所等を記載の上、FAX・電話またはEメールで
    お申込みください。送迎バスを使用する方は「参加申込書」で時刻表・乗降場所を確認の上、申込書に
    乗降場所を記載するか、電話・Eメールでお伝えください。
    持ち物/おにぎり

襟裳岬周辺で漁業被害が問題になっているゼニガタアザラシについて、その生態や漁業問題について学習し、人間とゼニガタアザラシの共存について考えます。

10:30 開会・挨拶
10:35 ゼニガタアザラシのお話とアザラシ観察
・えりも町郷土資料館 館長 中岡 利泰さん
・環境省えりも自然保護官事務所 蔵本 洋介さん
12:00 昼食(えりも産海産セット等 無料提供)
※おにぎりは各自持参してください。
12:50 海獣類トランクキット解説/アザラシアクセサリー(プラバン)作成
※それぞれ自由参加。
13:30 DVD「アザラシの棲む岬」鑑賞
14:00 閉会
※「風の館」館内等見学後、14:30に送迎バス出発。

主催:北海道日高振興局
後援:(予定)えりも町、えりも町教育委員会、環境省北海道地方環境事務所
協力:えりも漁業協同組合えりも岬女性部、えりもシールクラブ

お問い合わせ・申込
北海道日高振興局保健環境部環境生活課自然環境係(担当:笹山、富樫)
TEL:0146-22-9254(平日 8:40〜17:30《土日祝を除く》)
FAX:0146-22-7516
E-mail:hidaka.kankyo1@pref.hokkaido.lg.jp
URL:http://www.hidaka.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/azarashi.htm

ウトナイ湖・春の渡り鳥ウオッチング 〜水鳥たちの姿を楽しもう〜

  • 期間/2016年3月20日(日)
    時間/13:00〜15:00 ※雪や雨天時も実施
    場所/ウトナイ湖野生鳥獣保護センター(苫小牧市植苗156-26)
    参加費/無料
    申込/要事前申込(定員:20名) ※先着順、小学生以下保護者同伴
    電話または直接来館での申込み(申込期間:3月1日《火》〜3月19日《土》)
    持ち物/飲み物、防寒具、雨具、あれば双眼鏡(貸出有り)など

この時期にウトナイ湖を経由して繁殖地へと向かう冬鳥−特にカモ類やハクチョウ類といった水鳥、オジロワシやオオワシなどを観察します。
これらの多くは動きがゆったりとしており観察しやすく、バードウォッチング初心者の方にもおすすめです。

主催:ウトナイ湖野生鳥獣保護センター

お問い合わせ・申込
ウトナイ湖野生鳥獣保護センター
苫小牧市植苗156-26
TEL:0144-58-2231

手稲山口バッタ塚探鳥会

  • 期間/2016年3月20日(日)
    時間/9:00〜12:00
    場所/手稲山口バッタ塚 ※手稲水再生プラザ駐車場 9:00集合
    手稲駅北口から「循環手41」8:20発乗車、停留所「山口団地6号棟前」下車、徒歩10分
    参加費/会員無料、一般300円
    申込/不要、当日直接お越しください

野鳥情報:ダイサギ、ホシハジロ、カワウなど
主催:日本野鳥の会札幌支部

お問い合わせ
日本野鳥の会札幌支部
TEL:011-613-7973(月・水・金《祝日の場合は休み》の10:00〜17:00)
URL:http://sapporo-wbsj.org/

ウトナイ湖水鳥探鳥会

  • 期間/2016年3月21日(月・祝)
    時間/9:30〜14:00
    場所/ウトナイ湖 ※ウトナイ湖鳥獣保護センター駐車場 9:30集合
    新千歳空港バスターミナルから8:20発「苫小牧行き」乗車、停留所「ウトナイ湖」下車、徒歩5分
    参加費/会員無料、一般300円
    申込/不要、当日直接お越しください
    持ち物/お弁当

野鳥情報:ガン、カモ、ワシの仲間など
主催:日本野鳥の会札幌支部

お問い合わせ
日本野鳥の会札幌支部
TEL:011-613-7973(月・水・金《祝日の場合は休み》の10:00〜17:00)
URL:http://sapporo-wbsj.org/

電気を選ぶ 未来を選ぶ 電力自由化直前セミナー

  • 期間/2016年3月26日(土)
    時間/13:00〜15:00(開場12:30)
    場所/TKP札幌ビジネスセンター赤れんが前 チューリップ(札幌市中央区北4条西6丁目1 毎日札幌会館 5階)
    参加費/無料
    申込/要事前申込(定員:80名) ※先着順
    お電話でお申込みください。
    お名前、ご所属、北海道グリーンファンド会員(Yes/No)、連絡先をお知らせください。

4月から家庭でも電力会社を選べるようになり、 これまで続いていた電力会社10社による「地域独占」が終わります。
電気を選ぶ消費者の行動が、新しいエネルギー社会につながります。
価格の他にセット割やポイント提携など、選択肢は増えているようですが、 その電気が何でつくられているのか、電源に関する情報はあまり伝わってきません。 これでは、しっかり選ぶのは難しいのではないでしょうか?
今回、経済産業大臣直属の組織として昨年9月に設立した「電力取引監視等委員会」の制度設計専門会合委員として、 電力自由化のルールづくりに携わっている辰巳菊子さんをお招きしました。
いよいよはじまる電力自由化、電気の選び方をいっしょに考えてみませんか。

<プログラム>
◇講演 13:10〜
講演タイトル:新しいエネルギー社会の実現に向けて 〜電力自由化がチャンス〜
講師:辰巳 菊子(公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会《NACS》常任顧問)

◇質疑 14:00〜
「辰巳菊子さんに聞きたいこと」も事前に募集します。
(なるべくたくさんのご質問にお答えするため、事前に質問を受け付けています。
質問多数の場合、当日新たな質問を受け付けられないこともあります。予めご容赦ください。)

※講師プロフィール
大阪出身。教職を経て1985年消費生活アドバイザー資格取得。1998年から2012年までNACS理事、環境委員長。現在、総合資源エネルギー調査会基本政策分科会、調達価格等算定委員会、新エネ小委員会、電力取引監視等委員会制度設計専門会合などの委員、その他、経済産業省産業構造審議会、化学物質審議会などの委員も務める。エネルギー問題や省エネ・新エネ関連、3Rや環境コミュニケーションなどの分野で持続可能な暮らしをめざした活動をしている。

このセミナーは、独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成事業です。

主催:NPO法人北海道グリーンファンド
後援:環境省北海道地方環境事務所、経済産業省北海道経済産業局(予定)、北海道、江別市、
環境省北海道環境パートナーシップオフィス、公益財団法人北海道環境財団
協力:札幌市、さっぽろ地球温暖化対策地域協議会、えべつ地球温暖化対策地域協議会、
札幌市環境プラザ(指定管理者:公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会)

お問い合わせ・申込
NPO法人北海道グリーンファンド
TEL:011-280-1870
チラシをこちらからダウンロードできます▼
表面:http://www.h-greenfund.jp/top/2016denki_omo.pdf
裏面:http://www.h-greenfund.jp/top/2016denki_ura.pdf

当別町の田園散歩

  • 期間/2016年3月27日(日)
    時間/11:30〜15:00
    場所/当別町内 ※JR石狩金沢駅 11:30集合
    JR札幌駅9:55発「医療大行き」乗車 → 当別駅で「新十津川行き」へ乗換 → 石狩金沢駅下車 ※JR代各自負担
    参加費/1,300円(ガイド、保険料)
    申込/要事前申込(定員:25名)
    持ち物/お弁当、飲み物、防寒着、冬靴、あれば双眼鏡

野鳥の囀りを聞きながらの田園散歩を楽しみます。途中の当別川で水鳥も観察し、5kmほど歩きます。
主催:オコジョの会

お問い合わせ・申込
オコジョの会
TEL:080-3233-1684

平成27年度北海道グリーン・ビズ認定事業所を決定しました

  • 期間/2016年3月28日(月)
    時間/14:00〜
    場所/北海道庁赤れんが庁舎2階2号(札幌市中央区北3条西6丁目)
    参加費/無料
    申込/不要、当日直接お越しください

北海道グリーン・ビズ認定制度「創意あふれる取組部門」の認定事業所を次のとおり決定し、認定証授与式を執り行います。

<認定事業所>
◇地球を守る心分野
函館電子株式会社(函館市)、北海道ワイン株式会社(小樽市)、有限会社下段(シモダン)モータース(当別町)
◇もったいない心分野
株式会社アンビエンテ丸大(旭川市)、北海道ワイン株式会社(小樽市)、有限会社下段(シモダン)モータース(当別町)

※北海道グリーン・ビズ認定制度とは
環境に配慮した取組を行っている事業所等を認定する道の制度です。
認定されると、金融機関での融資や私募債発行の際に金利等の優遇が受けられるほか、認定シンボルマークを活用できるなどのメリットがあります。

主催:北海道

お問い合わせ
環境生活部環境局環境推進課環境戦略推進グループ
TEL:011-204-5188

札幌市親子ワークショップ(ごみ減量・リサイクル)

  • 期間/2016年3月29日(火)
    時間/9:00〜15:00
    場所/白石清掃工場 他(予定) ※集合・解散:札幌市役所本庁舎
    対象/小学生4〜6年生とその保護者の方(2名1組)
    参加費/無料(参加者には、エコグッズをプレゼント)
    申込/要事前申込(定員:15組《30名》) ※3/11(金)締切
    電話でお申込みいただくか、「申込用紙」またはこれに準ずる様式に
    (1)氏名
    (2)年齢
    (3)性別
    (4)住所
    (5)連絡先(電話とFAX)
    の必要事項をご記入のうえ、FAXでお申込みください。
    ※必要事項(1)〜(3)は、参加されるお子様と保護者様のお二人分の記入が必要です。

親子で一緒に、ごみやリサイクルについて学び、自分達でできるごみの減量・リサイクルの取組について、みんなで話し合って色々なアイデアを出すなど、楽しく学べるワークショップです。

◇札幌市内のごみ処理やリサイクルを行っている施設を見学します。どんなことをしているのか、見て・聞いて学びます。
◇見学後は、参加者のみんなで「ごみの減量・リサイクル」に繋がるアイデアを話し合います。
◇見学先は「白石清掃工場」、東区中沼にある「資源選別センター(びん・缶・ペットボトル)」「プラスチック選別センター」を
予定しています。

主催:札幌市

お問い合わせ・申込
親子ワークショップ事務局(株式会社ドーコン総合計画部)
TEL:011-801-1561(平日 9:00〜17:00)
FAX:011-801-1556
URL:http://www.city.sapporo.jp/seiso/oyakowakusyoppu.html
申込用紙をこちらからダウンロードできます▼
http://www.city.sapporo.jp/seiso/documents/mousikomiyoushi.pdf

西岡水源池定例探鳥会

  • 期間/2016年4月3日(日)
    時間/9:00〜12:00
    場所/西岡水源池 ※西岡公園管理事務所前 9:00集合
    地下鉄「澄川駅」から中央バス「西岡環状線」乗車、「西岡水源池」下車
    参加費/会員無料、一般300円
    申込/不要、当日直接お越しください

野鳥情報:マガモ、ルリビタキ、エナガなど
主催:日本野鳥の会札幌支部

お問い合わせ
日本野鳥の会札幌支部
TEL:011-613-7973(月・水・金《祝日の場合は休み》の10:00〜17:00)
URL:http://sapporo-wbsj.org/

円山公園定例探鳥会

  • 期間/2016年4月10日(日)
    時間/9:00〜12:00
    場所/円山公園 ※円山公園南大通側入口 9:00集合
    地下鉄「円山公園駅」から徒歩3分
    参加費/会員無料、一般300円
    申込/不要、当日直接お越しください

野鳥情報:オシドリ、ツグミ、マヒワなど
主催:日本野鳥の会札幌支部

お問い合わせ
日本野鳥の会札幌支部
TEL:011-613-7973(月・水・金《祝日の場合は休み》の10:00〜17:00)
URL:http://sapporo-wbsj.org/

早春の湿原ハイク

  • 期間/2016年4月10日(日)
    時間/10:00〜12:00
    場所/温根内木道周辺 ※温根内ビジターセンター 10:00集合
    参加費/無料
    申込/要事前申込(定員:15名)

釧路湿原の環境や生態系を中心に学びながら早春の木道を歩きます。
主催:温根内ビジターセンター

お問い合わせ・申込
温根内ビジターセンター
TEL:0154-65-2323

モエレ沼探鳥会

  • 期間/2016年4月17日(日)
    時間/9:30〜12:30 ※よほどの悪天候で無い限り実施
    場所/モエレ沼 ※モエレ沼公園ガラスのピラミッド前 9:30集合
    中央バス:地下鉄東豊線 環状通東駅発「北札苗線」乗車、「モエレ公園東口」下車、徒歩15分
    参加費/無料
    申込/不要、当日直接お越しください
    持ち物/観察用具、筆記用具、雨具、昼食等

氷が融けて空いた水面に集まるカモ類を中心に観察します。
主催:北海道野鳥愛護会

お問い合わせ
北海道野鳥愛護会(代表幹事:栗林宏三)
TEL:011-781-4919

春のバードウォッチング

  • 期間/2016年4月23日(土)
    時間/10:00〜12:00
    場所/シラルトロ湖・蝶の森周辺 ※憩の家かや沼 駐車場 10:00集合
    参加費/無料
    申込/要事前申込(定員:15名)

渡り鳥の中継地シラルトロ湖周辺で、講師の解説を聞きながら野鳥観察を楽しみましょう。
主催:塘路湖エコミュージアムセンター

お問い合わせ・申込
塘路湖エコミュージアムセンター
TEL:015-487-3003

北大構内初心者・ゴールデンウィーク探鳥会

  • 期間/2016年4月29日(金・祝)
    時間/9:00〜12:00
    場所/北大構内 ※北大正門 9:00集合
    JR・地下鉄「札幌駅」北口から徒歩5分
    参加費/会員無料、一般300円
    申込/不要、当日直接お越しください

野鳥情報:ヒバリ、コムクドリ、キジバトなど
主催:日本野鳥の会札幌支部

お問い合わせ
日本野鳥の会札幌支部
TEL:011-613-7973(月・水・金《祝日の場合は休み》の10:00〜17:00)
URL:http://sapporo-wbsj.org/

2016年度 春の野幌森林公園ウォーキング

  • 期間/2016年5月15日(日) ※小雨決行
    時間/9:00〜15:30(10kmコースは13:30終了) ※受付は8:30〜9:00(野幌森クラブの幟が目印)
    場所/野幌森林公園 ※野幌森林公園 大沢口(江別市西野幌685-1)に集合
    ◇自家用車利用:国道12号線 歩道橋がある文京台交差点(北翔大学そば)で右または左折、
    文教通りを約1.5km直進
    ◇JR利用:大麻駅南口から国道12号をわたり、徒歩約30分(1.9km)
    ◇バス利用(JRバス):『新札幌10番・文京通西行循環』乗車、停留所「文京台南町」下車、徒歩10分
    ◇バス利用(夕鉄バス):『新札幌12番・文京通西行』乗車、停留所「大沢公園入口」下車、徒歩7分
    参加費/無料(但し、保険料100円を徴収します)
    申込/不要、当日直接お越しください
    持ち物/昼食、飲み物、雨具など
    その他/完歩証を用意しています

春たけなわの野幌森林公園内を歩きながら、森林浴による癒しを得ることを目的とします。
コース内容:18kmコース / 10kmコース

主催:野幌森クラブ
協力:野幌森林公園自然ふれあい交流館

お問い合わせ
相馬 満(特命世話人)、澤向 豊(広報担当)
TEL:011-386-2757(相馬)
011-387-1275(澤向)

カーボン・オフセットパネル展

  • 期間/2016年5月16日(月)〜18日(水)
    場所/北海道庁 本庁舎1階ロビー
    参加費/無料
    申込/不要、当日直接お越しください

主催:北海道

お問い合わせ
北海道環境生活部 環境局 低炭素社会推進室 温暖化対策グループ
TEL:011-204-5189

AQUA SOCIAL FES!! 2016 〜生態系の宝庫、美しい釧路湿原を守ろう!〜

  • 期間/2016年5月21日(土)
    時間/9:00〜15:30(受付開始 8:30)
    場所/釧路湿原 キラコタン岬周辺 ※釧路市湿原展望台(釧路市北斗6-11)集合
    集合場所から活動場所までは貸切バスで移動します。
    対象/小学生以下の方は、保護者の同伴が必要となります。
    参加費/無料
    申込/要事前申込 ※定員:100名(5月6日《金》必着、応募者多数の場合抽選)
    はがき、FAXまたはメールに、郵便番号・住所・参加者全員の氏名(よみがな)・年齢・性別・電話番号
    を明記のうえ、ご応募ください。

湿原として日本最大の面積を誇る釧路湿原の聖地「キラコタン岬」の自然環境を守るため、外来植物オオアワダチソウの駆除活動を行います。駆除活動後は湿原内を散策しながら釧路湿原の雄大な景色を楽しみましょう!

主催:NPO法人釧路湿原やちの会
後援:北海道新聞社
協賛:トヨタ自動車「AQUA SOCIAL FES!!」

お問い合わせ・申込
北海道新聞東京支社広告局「クリーンHOKKAIDOプロジェクト」係
〒105-8435(住所不要)
TEL(お問い合わせ):03-6229-0319(平日《土・日・祝日除く》10:00〜18:00)
FAX:03-6229-0306
E-mail:hdaqua1@hokkaido-np.co.jp

ウトナイ湖・夏鳥ウォッチング 〜美しい姿とさえずりを楽しもう〜

  • 期間/2016年5月29日(日)
    時間/10:00〜12:00 ※雨天時も実施
    場所/ウトナイ湖野生鳥獣保護センター(苫小牧市植苗156-26)
    参加費/無料
    申込/要事前申込・申込み先着20名(小学生以下保護者同伴)
    電話または直接来館での申込み
    申込み期間:5月1日(日)〜28日(土) ※定員となり次第、締め切り
    持ち物/飲み物、雨具、あれば双眼鏡(貸出しあり)など

南の地方で冬を越していた夏鳥たちが渡ってきました。
センダイムシクイなどの姿とさえずりを楽しみましょう。
主催:ウトナイ湖野生鳥獣保護センター

お問い合わせ・申込
ウトナイ湖野生鳥獣保護センター
〒059-1365 苫小牧市植苗156-26
TEL:0144-58-2231

親子野あそびプログラム「ちびっこ遊び隊!〜虫さがし〜」

  • 期間/2016年6月7日(火)
    時間/10:00〜12:00 ※雨天中止
    場所/円山公園 ※円山公園管理事務所前 9:45集合
    対象/0歳〜4歳の親子(5歳以上の参加可能です)
    参加費/大人も子どもも一人300円(子供2人目は無料です)
    申込/要事前申込(定員:子どもの人数が15名になるまで)
    電話、FAX、メールのいずれかでお申込みください。
    申込みの時に「参加する皆さんの氏名」「お子さんの年齢」「住所」「電話・FAX番号」「メールアドレス」を
    教えてください。
    申込みいただいた方へ、集合場所などの詳細をメールでご案内します。
    持ち物/野外で活動できる服装、帽子、防寒着、雨具、飲み物、敷物など

0歳〜4歳の親子対象!自然の中で野あそびしましょう♪小さな子に合わせて、のんびりゆっくり自然を楽しみます。
指導員:鎌田恵実(自然ウオッチングセンター)、自然ウオッチングセンタースタッフ
主催:自然ウォッチングセンター

お問い合わせ・申込
自然ウォッチングセンター
TEL:011-583-5208
FAX:011-583-5233
E-mail:wanpakuasobitai@tea.ocn.ne.jp
URL:http://homepage2.nifty.com/watching/

第1回 野生動物に学ぶ救護セミナー 〜ゼニガタアザラシをとりまく環境問題〜

  • 期間/2016年6月12日(日)
    時間/10:00〜12:00
    場所/ウトナイ湖野生鳥獣保護センター(苫小牧市植苗156-26)
    対象/高校生以上
    参加費/無料
    申込/要事前申込(定員:20名)※先着順・6/1から受付開始
    電話、または直接来館での申込み
    申込受付期間:6月1日(水)〜6月11日(土)
    持ち物/筆記用具

<内容>
○ゼニガタアザラシの漁業被害、どうやって減らす? 〜えりも地域での取組み〜
○鷹匠の技術を傷病鳥に 〜猛禽類3種の事例報告〜

主催:ウトナイ湖野生鳥獣保護センター

お問い合わせ・申込
ウトナイ湖野生鳥獣保護センター
苫小牧市植苗156-26
TEL:0144-58-2231

環境月間パネル展

  • 期間/2016年6月23日(木)、6月24日(金)
    場所/北海道庁 本庁舎1階ロビー
    参加費/無料
    申込/不要、当日直接お越しください

6月の環境月間(7月の環境行動月間)と7月7日のクールアース・デイ、赤れんがガイアナイトに合わせ、地球温暖化防止や環境保全に関するパネル展を行いますので、ぜひお越しください。
主催:北海道、環境道民会議

お問い合わせ
北海道環境生活部 環境局 環境政策課 環境企画グループ
TEL:011-204-5188
北海道環境生活部 環境局 低炭素社会推進室 温暖化対策グループ
TEL:011-204-5189

2016ほっかいどうクールアース・デイ

  • 期間/2016年7月7日(木)
    時間/11:00〜16:00(第1部)、18:00〜20:00(第2部)
    場所/北海道庁赤れんが庁舎2階2号会議室及び前庭、札幌市北3条広場
    参加費/無料
    申込/第2部 環境フォーラムのみ事前申込制
    ※他のプログラムは申込不要、当日直接お越しください

道では、毎年7月7日を「北海道クールアース・デイ」と定め、地球温暖化防止について呼びかけるため、赤れんが庁舎前庭等でキャンドルアートやパネル展などさまざまなイベントを開催します。

◇第1部 ミライについてかんがえよう
〜水素社会実現に向けた道の取組のご紹介〜
燃料電池自動車のトヨタMIRAIや家庭用燃料電池のエネファームなどを展示します
〜道の環境と保全活動のご紹介〜
知床世界自然遺産の保全活動やバイオディーゼル燃料の利活用などについてパネル展でご紹介します
〜クリーンエネルギータウンを目指す室蘭市の取組のご紹介〜
道内唯一の「移動式水素ステーション」を展示します

★第1部についての詳細は以下のホームページをご覧ください
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/tot/coolearthiday.htm

◇第2部 赤れんがガイアナイト
〜環境フォーラム〜
赤れんが庁舎2階2号会議室で(株)日立製作所による環境フォーラムを開催します
〜キャンドル点灯式〜
今年は赤れんが庁舎前庭と札幌市北3条広場にキャンドルアートが出現!
19:15から赤れんが庁舎前庭においてキャンドル点灯式を行います
今年のキャンドルアートにご期待ください
〜札幌大谷大学芸術学部音楽学科生によるコンサート〜
木管五重奏により初夏の夜にふさわしい曲を演奏します

★第2部についての詳細は以下のホームページをご覧ください
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/tot/gaia-night/main.htm

主催:北海道

お問い合わせ
北海道環境生活部 環境局 環境政策課 環境企画グループ
TEL:011-204-5188
北海道環境生活部 環境局 低炭素社会推進室 温暖化対策グループ
TEL:011-204-5189

第31回 釧路湿原全国車いすマラソン大会

  • 期間/2016年7月18日(月・祝)
    時間/9:30〜12:10
    場所(スタート・フィニッシュ)/釧路市民陸上競技場(釧路市広里13)
    対象/身体障碍者手帳を所持する車いす使用者及びそれに準ずる方
    健常者で車いす使用が出来る方
    ※競技で使用する車いすは各自でご用意ください
    参加費/1,000円
    申込/要事前申込 ※6月10日(金)必着
    「参加申込書」に必要事項を記入の上、大会事務局へ郵送ください。
    ※釧路市社会福祉協議会のホームページからも参加申込みが出来ます。

障がいの重圧を克服し、全国の仲間との友情や、ノーマライゼーションの理解を深めることを目的として開催され、健常者も車いすに乗って参加することができます。
湿原を吹きわたるさわやかな風を受けながら走行する、釧路湿原全国車いすマラソン大会に参加しませんか。実行委員会では「参加して良かった」と喜んでいただける大会となるよう準備をすすめているところです。
多くの皆さまがご参加くださるようお待ちいたしております。

主催:釧路市、釧路市社会福祉協議会、北海道新聞釧路支社

お問い合わせ・申込
釧路湿原全国車いすマラソン大会実行委員会 事務局
〒084-0905 釧路市鳥取南7丁目2-20 サン・アビリティーズくしろ内
TEL:0154-51-9865
FAX:0154-51-0161
E-mail:webmaster@kushiro-city-shakyo.or.jp
※火〜土(祝日除く)の8:50〜17:20まで受付
参加申込書をこちらからダウンロードできます▼
URL:http://www.kushiro-city-shakyo.or.jp

夏のウトナイ湖・ウォークラリー

  • 期間/2016年7月23日(土)、24日(日)、30日(土)、31日(日)、8月6日(土)、7日(日)
    11日(木・祝)、13日(土)、14日(日)
    時間/各日とも10:00から随時受付(16:00受付終了)
    場所/ウトナイ湖畔 ※ウトナイ湖野生鳥獣保護センター(苫小牧市植苗156-26)集合
    参加費/無料
    申込/不要、当日直接お越しください

受付後、約500mの自然散策路を歩いて一周しながら、途中のポイントに設置された夏の自然に関するクイズに挑戦いただきます。
主催:ウトナイ湖野生鳥獣保護センター

お問い合わせ
ウトナイ湖野生鳥獣保護センター
TEL:0144-58-2231

小学生対象の公開講座「葉っぱで作る植物図鑑」

  • 期間/2016年7月28日(木)、29日(金)
    時間/第1回〜第4回の開催です。ご希望の回にご参加ください。
    第1回:7月28日(木)9:30〜11:30
    第2回:7月28日(木)13:30〜15:30
    第3回:7月29日(金)9:30〜11:30
    第4回:7月29日(金)13:30〜15:30
    場所/北大植物園(札幌市中央区北3条西8丁目)
    対象/小学生(保護者付き添いの必要はありません)
    参加費/500円(材料費・傷害保険料含む)※入園料は必要ありません
    申込/要事前申込
    下記(1)〜(5)までを記入して、メールかFAXまたはハガキにて申込みください。
    【電話での申込みは受け付けておりません】
    (1)名前(ふりがな)
    (2)学年
    (3)住所
    (4)電話番号(当日連絡の取れる番号)
    (5)希望する回(第2希望まで)
    受付期間:受付中〜7月20日(水)
    定員:各回10名(合計40名)
    ※定員になり次第締め切ります(申込まれた方には、後日参加案内を郵送いたします)

いろいろな植物の葉っぱの形や色や手触りなどを観察して、自分だけの図鑑を作ってみよう。植物に詳しくなくても大丈夫!夏休みの自由研究にも役立つかも!?
主催:北大植物園

お問い合わせ・申込
北大植物園
〒060-0003 札幌市中央区北3条西8丁目
FAX:011-221-0664
E-mail:st@fsc.hokudai.ac.jp
※火〜土(祝日除く)の8:50〜17:20まで受付
HP:http://www.hokudai.ac.jp/fsc/bg/

平成28年度 野鳥絵画展

  • <札幌市での展示>
    期間/2016年7月28日(木)、29日(金)
    時間/28日 9:00〜17:00
    29日 9:00〜16:00
    場所/北海道庁本庁舎1階 道政広報コーナー(札幌市中央区北3条西6丁目)
    申込/不要、当日直接お越しください

    <苫小牧市での展示>
    期間/2016年8月2日(火)、8月3日(水)〜25日(木)
    ※月曜日は休館
    時間/2日 13:00〜17:00
    3日〜25日 9:00〜17:00
    場所/ウトナイ湖野生鳥獣保護センター(北海道苫小牧市字植苗156番地26)
    申込/不要、当日直接お越しください

道内の小学校、中学校、高等学校、特別支援学校等の児童生徒から募集した野鳥絵画のうち、入賞作品を展示します!
ぜひ一度ご覧ください!

主催:北海道

お問い合わせ
環境生活部環境局生物多様性保全課課動物管理グループ
TEL:011-231-4111(内線24-396)
FAX:011-232-6790
E-mail:sugimoto.shinpei@pref.hokkaido.lg.jp
HP:http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/skn/28kaigaten.htm

はこだて・エコフェスタ2016

  • 期間/2016年7月30日(土)
    時間/10:00〜14:30
    場所/函館アリーナ(函館市湯川町1丁目32番2号 TEL:0138-57-3141)
    ◇公共交通機関
    市電:函館アリーナ前、徒歩3分
    函館バス:市民会館前・函館アリーナ前、徒歩3分
    ※当日は、環境にやさしい市電・バスでお越しください
    申込/不要、当日直接お越しください

「大量生産・大量消費・大量廃棄」型の経済社会から脱却し、資源の消費を抑制するとともに、環境に対する負荷が少ない「循環型社会」へ移行することが、国際的に重要な課題となっています。
「循環型社会」を構築するために、“もったいない”という考え方を大切にし、ごみを減らし(リデュース)、繰り返し使い(リユース)、資源の再生利用(リサイクル)の3Rの取組みを進めていくことが大切です。
また、地球温暖化による異常気象などの様々な環境問題に対し、幅広い年齢層に関心を持ってもらい、次の世代へより良い環境を引き継ぐことを目的に「はこだて・エコフェスタ」を開催します。

<呼びかけ>
1:公共交通機関を利用しよう
2:マイバッグ、マイはし、マイ食器を持参しよう
3:ごみは持ち帰り、分別をして処理しよう

<イベント内容>
◇展示コーナー:環境パネルの展示と環境クイズに挑戦など
◇企業出展コーナー:環境にやさしい製品の技術開発や販売に取り組んでいる企業の出展
◇体験学習コーナー:ごみの減量や再生資源を促進している個人や団体の活動を来場者に直接体験してもらう
実験やゲームなど
◇再生品愛用キャンペーン:再生品を展示し、資源の大切さやメリット等をPR
◇古本販売コーナー:資源回収で収集したコミック本等の販売(益金は社会福祉協議会に寄付)
◇牛乳パックとティッシュ交換:ごみの減量や再利用促進のため、牛乳パックとポケットティッシュの交換
◇フリーマーケット:ごみの減量や再利用促進のため家庭内の不用品(衣類・雑貨等)を販売
◇リフォーム品の抽選:修理した自転車等を抽選で無料提供
◇ポイ捨て防止キャンペーン:ごみのポイ捨てを防ぐための啓発やパネル展示など
◇レジ袋削減キャンペーン:レジ袋削減とマイバッグ使用の呼びかけなど
◇生ごみ水切りキャンペーン:水切りグッズを無料配布
◇古着の回収BOX:古着(洗濯・乾燥してあるもの)を会場内で無料回収
◇電車・バスコーナー:環境にやさしいのりものの紹介や市電顔出しパネルなど
◇エコカーブース:低燃費車、ハイブリッドカー、電気自動車の展示
◇飲食コーナー:パンなどの軽食、飲料水などの販売
◇縁日コーナー:家族で楽しめるグッズが盛り沢山
◇ステージ&催物:吹奏楽演奏、エアロビ、大道芸など

※イベント内容については、一部変更する場合もあります。

主催:環境フェスティバル実行委員会事務局(環境部環境推進課内)

お問い合わせ
環境フェスティバル実行委員会事務局(環境部環境推進課内)
TEL:0138-51-0798
URL:http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/docs/2016040500026/

平成28年度 野鳥絵画展

  • <苫小牧市での展示>
    期間/2016年8月2日(火)、8月3日(水)〜25日(木)
    ※月曜日は休館
    時間/2日 13:00〜17:00
    3日〜25日 9:00〜17:00
    場所/ウトナイ湖野生鳥獣保護センター(北海道苫小牧市字植苗156番地26)
    申込/不要、当日直接お越しください

道内の小学校、中学校、高等学校、特別支援学校等の児童生徒から募集した野鳥絵画のうち、入賞作品を展示します!
ぜひ一度ご覧ください!

主催:北海道

お問い合わせ
環境生活部環境局生物多様性保全課課動物管理グループ
TEL:011-231-4111(内線24-396)
FAX:011-232-6790
E-mail:sugimoto.shinpei@pref.hokkaido.lg.jp
HP:http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/skn/28kaigaten.htm

夏のウトナイ湖・ウォークラリー

  • 期間/2016年8月6日(土)、7日(日)、11日(木・祝)、13日(土)、14日(日)
    時間/各日とも10:00から随時受付(16:00受付終了)
    場所/ウトナイ湖畔 ※ウトナイ湖野生鳥獣保護センター(苫小牧市植苗156-26)集合
    参加費/無料
    申込/不要、当日直接お越しください

受付後、約500mの自然散策路を歩いて一周しながら、途中のポイントに設置された夏の自然に関するクイズに挑戦いただきます。
主催:ウトナイ湖野生鳥獣保護センター

お問い合わせ
ウトナイ湖野生鳥獣保護センター
TEL:0144-58-2231

釧路湿原が危ない!土砂流入を防ぐ取組み「久著呂川自然再生見学ツアー」

  • 期間/2016年8月18日(木)
    時間/9:00〜15:30
    場所/久著呂川流域 釧路地方合同庁舎駐車場 9:00集合
    ※現地集合も可能です。ご希望の方は事前にお問い合わせください。
    現地集合場所:中久著呂農村環境改善センター駐車場(標茶町字中久著呂市街) 10:00集合
    参加費/無料
    申込/要事前申込
    定員:12名(抽選)
    申込受付期間:受付中〜7月31日(日)
    ハガキ、FAX、Eメールのいずれかにてお申込みください。
    ※電話では受付しておりません。
    持ち物/昼食、飲み物、帽子、汚れても良い服装、雨具

日本最大の湿原「釧路湿原」では、失われた自然を再生する『自然再生事業』が行われています。
その取組みの一つとして久著呂川から湿原に流れ込む土砂を防ぐ取組みが行われています。久著呂川上流部から湿原流入部までを移動しながら自然再生の取組を見学してみませんか?

主催:釧路湿原自然再生協議会(土砂流入小委員会)

お問い合わせ・申込
釧路建設管理部治水課(担当:森下剛志)
〒085-0006 釧路市双葉町6番10号
FAX:0154-23-9119
E-mail:morishita.tsuyoshi@pref.hokkaido.lg.jp

第5回 はぼろサイエンスカフェ「ゴメの減るところ、増えるところ」

  • 期間/2016年8月18日(木)
    時間/19:00〜20:30
    場所/北海道海鳥センター映像ルーム
    対象/どなたでも、お気軽にご参加ください!
    参加費/無料
    申込/不要、当日直接お越しください
    持ち物/マイカップ(お茶など、飲み物があります)

北海道では「ゴメ」と親しまれているオオセグロカモメですが、近年、道東の離島を中心に営巣数の急激な減少が見られています。一方で港湾地域や市街地には新たな繁殖地が出現し、一部では人間社会との軋轢も生じています。
今回は、この「ゴメ」の現状についてみなさんと一緒に考えてみたいと思います。

◇ゲストスピーカー:矢萩 樹さん(釧路公立大学環境地理学研究室/元ジュニアレンジャー)
羽幌町出身。小学校から高校生まで、海鳥センターで活動していた。現在は、釧路公立大学環境地理学研究室4年生で、環境について色々な角度から学んでいる。学外では、北海道海鳥保全研究会など、数多くの団体で、海鳥をはじめ鳥類の調査活動に取り組んでいる。

主催:北海道海鳥センター

お問い合わせ
北海道海鳥センター
苫前郡羽幌町北6条1丁目
TEL:0164-69-2080
HP:http://www.seabird-center.jp/event4.html

アースファミリーキャンプ2016

  • 期間/2016年9月10日(土)、11日(日)の1泊2日
    時間/10日 9:15当別駅集合
    11日 16:00当別駅解散
    場所/当別町道民の森神居尻地区(石狩当別駅よりバスの送迎あり)
    対象/小学生とその保護者
    参加費/大人3,000円 子ども2,500円(宿泊、食事、保険含む)
    申込/要事前申込 ※定員:30名(先着順)

たくさんの自然に囲まれて、親子一緒に森や環境について楽しく学びます。
地元の食材でエコロジカルクッキングにも挑戦します。
2日間のアースファミリーキャンプに是非ご参加ください!

主催:北海道
企画運営:NPO法人当別エコロジカルコミュニティー
後援:当別町、当別町教育委員会、(公財)北海道環境財団

お問い合わせ・申込
NPO法人当別エコロジカルコミュニティー
TEL:0133-22-4305
FAX:050-3730-7446
E-mail:tectec_ee@yahoo.co.jp
HP:http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/ksk/mura/index.htm

インターナショナル ごみ拾いビーチウォーク

  • 期間/2016年9月11日(日)
    時間/10:30〜12:30(受付は10:00〜10:20)
    ※雨天決行。荒天等で中止の場合は、前日までにHP等でお知らせします。
    場所/石狩市石狩三線浜(石狩湾新港東ふ頭東側)
    当日は看板やのぼりで道案内します。
    自家用車の場合は、できるだけ乗り合わせのうえ、お越しください。
    ※札幌発着の送迎バスあり(バス利用は先着順・要事前申込)
    大通公園NHK前9:30出発
    利用料:800円、小学生以下300円
    参加費/200円(保険代・運営協力費) ※小学生以下無料
    申込/要事前申込 ※9月7日(水)締切
    必要事項(1)〜(5)をFAX、E-mail等でお知らせください。
    (1)個人参加/氏名
    (2)グループ参加/企業・団体名、代表者氏名
    (3)参加者〇名(うち小学生以下〇名)
    (4)連絡先住所、電話(バス利用者は当日連絡先)、E-mailアドレス
    (5)交通手段:自家用車〇台、送迎バス利用者〇名(うち小学生以下〇名)
    持ち物/軍手、火ばさみ(お持ちの場合)、タオル、飲み物、雨具など
    ※バス利用の方は昼食を持参ください。

きたネットが主宰する「ラブアース・クリーンアップ in 北海道」では、6月に続き、秋9月にも石狩浜でごみ拾いを行っています。
秋は、各国の領事館関係者や留学生のみなさんに参加を呼びかけ、国際交流の場として、海外へ向けた北海道のPRとして行います。

★外国語が話せなくてもOK、話せる人は積極的に交流しながら、石狩の浜をきれいにしましょう。
★札幌市内・近郊在住の海外の方にもぜひ、お知らせください!

◇プログラム内容
10:00 現地受付開始
10:30 開会式〜ごみ拾い(分別作業)
12:00 閉会式(記念写真撮影後)〜解散
(送迎バス利用の方は「あそびーち石狩」に移動します)
12:30 昼食や散策など(自由にお過ごしください)
15:00頃 現地出発
16:00頃 札幌市到着予定

主催:認定NPO法人北海道市民環境ネットワーク、NPO法人北海道海濱美化を進める會
協力:石狩市、Pコネクション、在北海道外国公館・通商事務所等協議会、
(公社)北海道国際交流・協力総合センター、(公財)札幌国際プラザ、NPO法人石狩国際交流協会、他
後援:北海道、札幌市、石狩市

お問い合わせ・申込
ラブアース・クリーンアップ in 北海道 事務局
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8 愛生舘ビル5F
TEL:011-215-0151
FAX:011-215-0149
E-mail:lecu@kitanet.org
HP:http://goo.gl/nbKaVo

参加申込書をこちらからダウンロードできます▼
URL:http://goo.gl/FgtBtT

カヌーDE清掃 IN 達古武湖

  • 期間/2016年9月17日(土)
    時間/10:00〜12:00 ※少雨決行、荒天時中止
    場所/達古武湖 ※達古武オートキャンプ場 カヌー乗場に集合
    対象/小学生以上
    参加費/無料
    申込/要事前申込
    受付期間:受付中〜9月3日(土)17:00まで
    定員:20名
    持ち物/濡れても良い服装、長靴、軍手、飲み物等

カヌーに乗って自然を楽しみながらのゴミ拾いと、ヒシの実の試食体験を行います。
主催:環境コンサルタント株式会社、達古武オートキャンプ場、釧路町

お問い合わせ・申込
環境コンサルタント株式会社(担当:上畑)
TEL:0154-40-2331(平日 9:00〜17:00)

循環型社会形成推進パネル展

  • 期間/2016年9月20日(火)、21日(水)、23日(金)
    場所/北海道庁 本庁舎 1階道民ホール
    参加費/無料
    申込/不要、当日直接お越しください

リサイクル、資源の循環的利用、廃棄物の適正処理、不法投棄対策などに関するパネル・ポスターの掲示、啓発資材の配布を行います。
主催:北海道

お問い合わせ
北海道環境生活部 環境局 循環型社会推進課 循環調整グループ
TEL:011-204-5196

レクサンド・当別対話交流フィーカ
「自然の中での子育て・教育・ライフスタイル」(環境の村エコサロン2016)の開催

  • 期間/2016年9月27日(火)
    時間/9:30〜11:30
    場所/当別町総合保健福祉センターゆとろ(当別町西町32−2)
    対象/どなたでもご参加いただけます
    参加費/無料
    申込/要事前申込 ※定員:20名程度

スウェーデン・レクサンドより野外教育や自然再生に携わる5名の方をゲストに招き、対話交流会を行います。「環境先進国」と言われる北欧スウェーデンの、エコフレンドリーな暮らしや教育を覗いてみませんか?当別町民以外の方の参加も歓迎です。 ※フィーカ(Fika)とはスウェーデンの言葉で、お茶をしながらくつろいで話をすることです。

主催:北海道
協力:当別町
協賛:(株)ロイズコンフェクト、北海道コカ・コーラボトリング(株)
企画運営:NPO法人当別エコロジカルコミュニティー

お問い合わせ・申込
【お問い合わせ】
環境生活部環境局環境政策課環境企画グループ
TEL:011-204-5188
FAX:011-232-1301

【申込】
NPO法人当別エコロジカルコミュニティー
TEL:0133-22-4305
FAX:050-3730-7446
E-mail:tectec-ee@yahoo.co.jp

チラシをこちらからダウンロードできます▼
URL:http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/ksk/mura/H28ecosalontoubetsu.pdf

宮島沼探鳥会

  • 期間/2016年10月2日(日)
    時間/10:00〜12:00 ※よほどの悪天候でない限り実施
    場所/宮島沼 ※宮島沼湖畔 10:00集合
    中央バス:岩見沢ターミナル発「月形行き」または月形駅前発「岩見沢行き」乗車、
    「大富農協前」下車、徒歩10分
    参加費/無料
    申込/不要、当日直接お越しください
    持ち物/観察用具、筆記用具、雨具、防虫剤、昼食等

マガンの渡りの中継地として重要な場所です。
マガンの他にも、ハクチョウ類、カモ類、カイツブリ類なども見られます。

主催:北海道野鳥愛護会

お問い合わせ
栗林 宏三(北海道野鳥愛護会 副会長)
TEL:011-781-4919

2016年度 秋の野幌森林公園ウォーキング

  • 期間/2016年10月16日(日) ※小雨決行
    時間/9:00〜15:30(10kmコースは13:30)
    受付は8:30〜9:00
    場所/野幌森林公園内
    野幌森林公園大沢口(江別市西野幌685-1)集合 ※野幌森クラブの幟が目印
    自家用車:札幌方面は国道12号線 歩道橋がある文京台交差点(北翔大学そば)で右折
    江別方面は左折して文教通りを約1.5km直進
    JR:大麻駅南口から国道12号をわたり、徒歩約30分(1.9km)
    JRバス(新札幌10番・文京通西行循環):「文京台南町」下車、徒歩10分
    夕鉄バス(新札幌12番・文京通西行):「大沢公園入口」下車、徒歩7分
    対象/どなたでもご参加できます
    参加費/無料 ※但し、保険料100円は小学生以上から徴収します
    申込/不要、当日直接お越しください
    持ち物/昼食・飲み物、雨具など

秋たけなわの野幌森林公園内を歩きながら、森林浴による癒しを得ることを目的とします。
コース:18kmコース / 10kmコース
※完歩証を用意しています

主催:野幌森クラブ
協力:野幌森林公園自然ふれあい交流館

お問い合わせ
相馬 満(特命世話人)
TEL:011-386-2757
澤向 豊(広報担当)
TEL:011-387-1275

はじめてシリーズ「秋の自然散歩」:森林総合研究所

  • 期間/2016年10月26日(水)
    時間/10:00〜12:00
    場所/森林総合研究所 ※10:00に森林総研標本館前(札幌市豊平区羊ケ丘7番地)に集合
    参加費/1,000円(ガイド料、保険料)
    申込/要事前申込 ※定員:30名
    電話、FAX、Eメールでお申込みください。
    持ち物/雨具、あれば観察用具(双眼鏡、ルーペ、図鑑等)。野外で活動しやすい服、靴でおいでください。

植物や野鳥などの自然をゆっくり観察。
初めての方でもわかりやすいように、解説します。
◇ガイド:自然ウォッチングセンター 自然ガイドスタッフ(長谷川稔、中嶋慶子)

主催:自然ウォッチングセンター

お問い合わせ・申込
自然ウォッチングセンター
TEL:011-583-5208
FAX:011-583-5233
E-mail:PXP03576@nifty.com
URL:http://shizen.la.coocan.jp/

ハーバリウム霧多布2016

  • 期間/2016年11月5日(土) ※4月〜12月の第1土曜日に開催
    時間/9:30〜12:30(午前の部)/13:30〜15:30(午後の部)
    場所/霧多布湿原センター(浜中町四番沢20)
    申込/要事前申込
    持ち物/長靴、雨具、お弁当、飲み物
    ※昼食は霧多布湿原センター2階『きりたっぷカフェ』でもお召し上がりいただけます。

ハーバリウム(herbarium)とは植物標本庫のこと。
毎月1回、湿原や森を歩きながら植物を採集し、さく葉標本(押し葉・押し花標本)を作ります。
1回のみや半日の参加も大歓迎。花の名前を憶えたい方にもおすすめです。

主催:NPO法人霧多布湿原ナショナルトラスト
共催:釧路市立博物館

お問い合わせ・申込
霧多布湿原センター
TEL:0153-65-2779

ビジネスEXPO、コメリパワー砂川店で「北海道リサイクルブランド・認定リサイクル製品」を展示します!

  • <ビジネスEXPO>
    期間/2016年11月10日(木)、11日(金)
    時間/(10日)10:00〜17:30、(11日)9:30〜17:00
    場所/アクセスサッポロ(地下鉄大谷地駅から無料シャトルバス運行)
    参加費/無料
    申込/不要、当日直接お越しください

    <コメリ パワー砂川店>
    期間/2016年11月18日(金)、19日(土)
    時間/(18日)10:00〜17:00、(19日)10:00〜16:00
    場所/コメリ パワー砂川店(砂川市空知太東1条2-1-1)
    参加費/無料
    申込/不要、当日直接お越しください

「北海道リサイクルブランド」「北海道認定リサイクル製品」を北海道最大級のビジネスイベント「第30回ビジネスEXPO」に出展します。
また、コメリパワー砂川店では製品の展示のほか、抽選で「選べる北海道グルメ」が当たる「アンケート抽選会」も開催します。
「北海道認定リサイクル製品」とは、北海道が認定した道内で発生した循環資源を利用し、道内で製造された一定の基準を満たすリサイクル製品です。
「北海道リサイクルブランド」は、「北海道認定リサイクル製品」のうち北海道らしい優れた特性を持つ製品です。
数多くの製品を展示しますので、是非、お越しください。
北海道が認定する優れたリサイクル製品を、ぜひご覧ください!

◇北海道リサイクル製品認定制度について↓
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/jss/recycle_2/ninteiseido/ninteiseidotop.htm

主催:北海道

お問い合わせ
北海道環境生活部環境局循環型社会推進課 循環調整グループ
TEL:011-204-5197(ダイヤルイン)
FAX:011-232-4970
E-mail:kansei.kanhai1@pref.hokkaido.lg.jp
URL:http://www.business-expo.jp/(第30回ビジネスEXPOについて)

資源リサイクルセミナー 〜「バイオマス等を活用した水素社会の実現を目指して」〜

  • 期間/2016年11月11日(金)
    時間/10:00〜12:00
    場所/アクセスサッポロ 1階 小展示場(地下鉄大谷地駅から無料シャトルバス運行)
    参加費/無料
    申込/要事前申込
    お問い合わせ先(下記参照)に氏名、居住市町村、所属を明記の上、
    10月28日(金)までにFAX又はメールによりお申し込みください。

地球温暖化対策の有効な手段としても注目されているCO2フリー水素。バイオマス等の再生可能エネルギーを活用した先進的な取組をご紹介いただきます。

◇プログラム
(1)基調講演
「ホンダにおける水素社会への取組」
本田技研工業株式会社経営企画部環境安全企画室
開発技師 佐藤 孝之 氏

(2)事例発表
 嵜總燃萢僂砲茲訃規模木質バイオマス発電技術の開発」
北海道電力株式会社企画本部環境室エネルギー事業G
グループリーダー 石塚 朋弘 氏
◆嵎_市水素リーダー都市プロジェクト 〜下水を活用した世界初の水素ステーションの実現〜」
福岡市経済観光文化局 創業・立地推進部
エネルギー・環境産業振興課長 中村 義治 氏
「家畜ふん尿由来水素を活用した水素サプライチェーン実証事業 〜ミルクだけじゃない!『しかおい水素ファーム」』〜」
鹿島建設株式会社環境本部プロジェクト開発グループ
グループ長 八村 幸一 氏

※同時開催:第30回北海道技術・ビジネス交流会 ビジネスEXPO ほっかいどう水素イノベーション展2016

主催:北海道循環資源利用促進協議会、エコロジア北海道21推進協議会、北海道

お問い合わせ
北海道環境生活部 環境局 循環型社会推進課 循環調整グループ
TEL:011-204-5196
FAX:011-232-4970
E-mail:kansei.kanhai1@pref.hokkaido.lg.jp
URL:http://www.business-expo.jp/

第7回 北海道e-水フォーラム

  • 期間/2016年11月21日(月)
    時間/18:00〜20:30
    場所/札幌国際ビル8F 国際ホール(札幌市中央区北4条西4丁目1番地)
    ※地下鉄さっぽろ駅8番出口直結
    参加費/無料
    申込/要事前申込 ※定員:120名(先着順)
    e-水プロジェクトホームページの「お申込みフォーム」、電話、FAX、E-mailのいずれかの方法でお申込みください。
    FAX、E-mailの方は、お名前(ふりがな)・ご所属・お電話番号をお知らせください。
    ※いただいた個人情報は、本フォーラムの連絡以外には使用しません。

北海道の水環境を守る活動に取り組んでいる支援団体の活動報告を行うとともに、森と川、生態系のつながりに関して研究や提言をされている中村太士教授に講演いただきます。

<プログラム内容>
◇活動団体発表(五十音順)
・網走川流域の会(網走市)
・NPO法人霧多布湿原ナショナルトラスト(浜中町)
・クッチャロ湖等保全対策協議会(浜頓別町)
・後志地域生物多様性協議会(黒松内町)
・NPO法人日本野鳥の会十勝支部(帯広市)
・北海道ウチダザリガニ防除ネットワーク(釧路市)
・丸瀬布昆虫同好会(遠軽町)
・夕張川自然再生協議会(栗山町)

◇基調講演「水をめぐる生態系のつながり 〜自然を生かした地域づくりの提案」
講師:中村 太士 氏(北海道大学大学院農学研究院森林生態系管理学研究室 教授)
北海道には、世界に誇る自然遺産「知床」や日本最大の「釧路湿原」、あふれ出る湧水や伏流水を湛える「十勝川」など、さまざまな自然環境が残っています。
それらの地域には、豊かな生態系が存在し、水を介して相互につながっています。多くの保全施設や自然再生プロジェクトに携わり、重要な役割を果たしている研究者に自然との共生を目指した地域づくりの提案をいただきます。

※参加者には、「ジョージアサントスプレミアム北海道限定デザイン」&「い・ろ・は・す」をプレゼント!ジョージアサントスプレミアム北海道限定デザインの売り上げの一部は「北海道e-水プロジェクト」の活動資金として活用されています。

※北海道e-水プロジェクトは、北海道、北海道コカ・コーラボトリング株式会社、公益財団法人北海道環境財団の協働事業として、北海道の水環境保全活動に取り組んでいます。

主催:北海道、北海道コカ・コーラボトリング株式会社、公益財団法人北海道環境財団

お問い合わせ・申込
公益財団法人北海道環境財団 北海道e-水プロジェクト事務局
TEL:011-218-7811
FAX:011-218-7812
E-mail:emizu@heco-spc.or.jp
URL(お申込みフォーム):http://www.heco-spc.or.jp/emizu/emizu_forum/form/

チラシをこちらからダウンロードできます▼
http://www.heco-spc.or.jp/emizu/contents/file/forum28_chirashi.pdf

季節展示「サケの赤ちゃん」

  • 期間/2016年12月3日(土)〜2017年2月12日(日)
    場所/札幌市豊平川さけ科学館 飼育展示室
    参加費/無料
    申込/不要、当日直接お越しください

おなかについている栄養袋や、動いている心臓を観察できます。
主催:札幌市豊平川さけ科学館

お問い合わせ
札幌市豊平川さけ科学館
〒005-0017 札幌市南区真駒内公園2-1
TEL:011-582-7555
URL:http://www.sapporo-park.or.jp/sake

きたネットフォーラム2016「北の生物多様性を守るために」
〜研究者・拠点施設と市民活動は、どう連携できるか〜

  • 期間/2016年12月10日(土)
    時間/10:00〜17:30(受付開始 9:30)
    場所/札幌エルプラザ 2F 環境研究室(札幌市北区北8条西3丁目)
    参加費/きたネット会員・学生 1,000円、一般 1,500円
    申込/要事前申込
    ※12月6日(火)締切・先着順。各プログラム、定員があります。申込みが定員を超えた場合は、お断りする
    場合があります。
    ○チラシ裏面の申込書をFAXまたは郵送ください。
    ○メールでの申込みは、名前・住所・連絡先(電話・FAX・E-mailなど)所属(所属団体・企業・職業・学校
    など)と、参加プログラムを必ずご記入ください。
    (分科会に参加する方は、AまたはBのどちらかを明記)

北海道の環境活動のネットワーク「きたネット」の年に一度のフォーラム。
北海道の生物多様性を守るために、今、市民ができることは何か。
何を学び、誰とつながるのか。環境を地域の力にしていくために、環境活動者ができることは何かを考え、次の実践につなげます。

【主なプログラム】

■ 基調講演(定員120名)
「野生の猛禽を診る・守る〜日本とサハリン、猛禽類保全活動の現場から」
講師:齊藤 慶輔 氏(猛禽類医学研究所 代表 獣医師)

<環境中間支援会議・北海道共催プログラム>
研究者・拠点施設と市民活動のつながり〜コミュニケーターとしての市民参加

■ 話題提起
○現場と協働した大学院での人事育成
山中 康裕 氏(北海道大学大学院環境科学院 教授)
○北大総合博物館を拠点としたネットワークがめざすもの
大原 昌宏 氏(北海道大学総合博物館 教授 副館長)

<分科会> ※分科会AまたはB、どちらかを選択してお申込みください。

■ 分科会A(定員60名)
環境中間支援会議・北海道 連続勉強会
「地域を元気にする施設、施設を元気にする地域 〜地域・市民・施設の共創〜」
○事例1:美幌博物館「小さな町の大きな博物館」
町田 善康 氏(美幌博物館 学芸員)
○事例2:地域と環境情報施設の共創による地域資源の活用 〜種差海岸インフォメーションセンター〜
町田 直子 氏(NPO法人ACTY 理事長)
○ディスカッション「地域と環境学習施設の共創について考える」
コーディネーター:大原 昌宏 氏

■ 分科会B(定員60名)
○野生との距離感、共生のリテラシー
コーディネーター:山本 牧 氏(NPO法人もりねっと北海道 代表)
・現状と課題
・鉛弾規制から、次の一手を考える:齊藤 慶輔 氏
・対談:山本 牧 氏×齊藤 慶輔 氏「ヒトは、共生を学ばなければいけない」

■ 学び・伝え、拡げるために「分野別 情報交換会」
○活動紹介:CISEネットワーク、学芸員ネットワーク、きたネット 他
○分野別 情報交換会:生物多様性/森林保全・活用/環境教育
※使ってみよう!CISEネットワークのトランクキット!展示コーナー

主催:認定NPO法人北海道市民環境ネットワーク、一般財団法人セブン-イレブン記念財団

共催:環境中間支援会議・北海道(環境省北海道環境パートナーシップオフィス、公益財団法人北海道環境財団、
札幌市環境プラザ(指定管理者:公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会)、
認定NPO法人北海道市民環境ネットワーク

協力:CISEネットワーク

お問い合わせ・申込
認定NPO法人北海道市民環境ネットワーク「きたネット」事務局
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル5階
TEL:011-215-0148
FAX:011-215-0149
E-mail:office@kitanet.org
URL:http://kitanet.org

チラシ・申込書をこちらからダウンロードできます▼
表:http://www.kitanet.org/event/2016/kitanet-forumA.pdf
裏(申込書):http://www.kitanet.org/event/2016/kitanet-forumB.pdf

J-クレジット活用セミナー in 北海道 〜地球環境へ貢献する取り組みで“企業力”“地域力”アップ!!〜

  • 期間/2016年12月15日(木)
    時間/13:30〜15:30
    場所/札幌国際ビル8階「国際ホール」(札幌市中央区北4条西4丁目)
    参加費/無料
    申込/要事前申込
    会社・団体名、電話番号、氏名・所属等を明記の上、12月13日(火)までに
    FAX又はメールによりお申し込みください。

<プログラム内容>

◇制度説明
「J−クレジット制度に係る最新情報について」/経済産業省 産業技術環境局 環境政策課 環境経済室
「省エネ・再エネ設備等導入支援制度について」/北海道経済産業局 資源エネルギー環境部 エネルギー対策課

◇講演
「カーボン・オフセットではじめる「緑深く美しい」まちづくりへの挑戦!」
 /美深町 建設水道課 建設林務グループ副主幹 野村 具弘 氏
「シティマラソンを絡めた資源循環ストーリーづくりとリサイクル素材のブランド力向上」
 /合同会社ひびくー 代表社員社長 松田 晋太郎 氏

◇事例紹介
「北海道内のJ-クレジット創出事例紹介」/北電総合設計株式会社
「北海道内のカーボン・オフセット事例紹介」/公益財団法人北海道環境財団

主催:経済産業省北海道経済産業局

お問い合わせ・申込
北電総合設計(株)(J-クレジット創出支援機関 担当:篠原、藤田)
TEL:011-261-6545 ※問合せ先
FAX:011-261-6547
E-mail:energy-hss@hokuss.co.jp
URL:http://www.hkd.meti.go.jp/hokni/jcredit/index.htm

北大構内・クリスマス初心者探鳥会

  • 期間/2016年12月23日(金・祝)
    時間/9:00〜12:00 ※北大正門前 9:00集合
    場所/北大構内(札幌市北区)
    JR/地下鉄「札幌駅」から徒歩5分
    参加費/会員無料、一般300円
    申込/不要、当日直接お越しください

知人、友人とご一緒にご参加ください。
野鳥情報:ハイタカ、ツグミ、ヒガラなど

主催:日本野鳥の会札幌支部

お問い合わせ
日本野鳥の会札幌支部
TEL:011-613-7973(月・水・金《祝日の場合は休み》の10:00〜17:00)
URL:http://sapporo-wbsj.org/

その他のイベント情報をお探しの方は
「環境☆ナビ北海道 E☆navi HOKKAIDO(イーナビ北海道)」でご覧いただくことができます。
「北海道環境情報カレンダーE★Day HOKKAIDO(イーデイ★北海道)」もこちらからご覧いただけます。
http://enavi-hokkaido.net/